THE CLOSET MUSICのジャケット写真

歌詞

時がたつのは早い

野佐怜奈

朝から晩まで

地球は回って

眠って起きてを

繰り返すだけで

いつの間にやら未来はカムカム

タイムマシーンゴゴーゴー

側にはいないよ

猫型ロボット

時がたつのは早い

時がたつのは早い

時がたつのは早い

時がたつのは早い

昨日はたしか小学生だった

鶴は千年

亀は万年

桃栗百年

恋は三年

いつの間にやら宇宙に旅行だ

ポケベル・PHS・スマートフォン

人生100年

気付けば次世代

時がたつのは早い

時がたつのは早い

時がたつのは早い

時がたつのは早い

一昨日はたしか赤ちゃんだった

時がたつのは早い

時がたつのは早い

時がたつのは早い

時がたつのは早い

昨日はたしか平成だった

一昨日はたしか昭和だった

その前はたぶん縄文だった

明日も続いて行って

平和

  • 作曲

    野佐怜奈

  • 作詞

    野佐怜奈

THE CLOSET MUSICのジャケット写真

野佐怜奈 の“時がたつのは早い”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

家の中が日常のメインステージになってから、私のクローゼットは洋服箪笥ではなく音楽スタジオになっていました。この”THE CLOSET MUSIC”は、クローズドな日々で見つけたり、感じたりしたものを詰め込んだセルフプロデュースのアルバムです。演奏はウクレレとカシオトーンを中心に、茶碗やボウル、レコードスクラッチ等で味付け。歌とコーラスのハーモニーにも拘りました。楽しく切ないヒップでホップな6曲です。家にいるような気分でお楽しみください。

アーティスト情報

  • 野佐怜奈

    野佐怜奈(のされいな) ​ 歌手。神奈川県横浜市生まれ。明治学院高校ハイグリー部出身。大学時代に横須賀米軍基地内チャペルで歌を学ぶ。 その後は歌って踊る女スパイユニット「その名はスペィド」二代目ヴォーカル「ルビィ」として都内各所で暗躍。 ユニット脱退後は歌謡系歌手として活動。高浪慶太郎さん(ex.ピチカート・ファイヴ)との出会いを機に本名の「野佐怜奈」として ソロ・デビュー。2014年にセルフプロデュースでバンド「野佐怜奈とブルーヴァレンタイズ」を結成し、 メンバーとともにレトロでモンドでポップな楽曲を発信。ソロ名義に戻り初のカヴァーアルバムをリリース。 現在はオリジナルニューアルバム『スポーツと気晴らし』制作中。 最新リリースは、自宅クローゼット内でレコーディングをした完全自作自演ミニアルバム”THE CLOSET MUSIC”。趣味は街で見つけたパンダを撮影すること(#パンダはここにもいるぞの会)。 ​ 「岩下の新生姜Sing&Playコンテスト 第4章 ~Love&NewGinger~」(2018年)グランプリ受賞。 趣味は街で見つけたパンダを撮影すること。 ライブや楽曲制作以外に7インチレコードでのDJ、 ウクレレ弾き語ってみた動画等々鋭意活動中。

    アーティストページへ


    野佐怜奈の他のリリース
"