数え唄のジャケット写真

歌詞

数え唄

月光徹也

重ねる日々より残りの日々

少しだけ数え方が変わる

掴んだ物より失う物

少しだけ数え方が変わる

抱き合う事より傷つく事

少しだけ残り方が変わる

羊を数えないでいつも

数えちゃいけない事ばかりだ

気づいちゃったら消せないよな

眠れないよな

らしく

僕らしく 君らしく

らしくって何だろう

「自然でいいよ」

なんだよ

気づいて 傷ついて

ボロボロになった上で

自然でいろっていうのかよ

もう無理なんだよ

星には名前がつくらしいな

何の関係もない人がつける

そんな事知るハズなく光る

星のように私はなりたい

一人になるのが怖くて

他人に怯えてしまう矛盾

なんでかな なんでだろう

逃げ場はないな

本当は

数えて 忘れて

こぼれ落ちた数字が

いくつもあったな

本当は

報われた 救われた

助けられた言葉が

星のように散らばっている

数えて 数えて 追い詰められて

その分だけ その分だけ

優しくなって か弱くなる

人は

辛い事 飾って

自分を傷つけるから

見えないだけで

本当は

報われた 救われた

助けられた言葉が

星のように輝いている

本当は

数えて 忘れて

こぼれ落ちた数字が

いくつもあったな

本当は

報われた 救われた

助けられた言葉が

星のように散らばっている

傷つく前に 気づかなきゃな

  • 作曲

    月光徹也

  • 作詞

    月光徹也

数え唄のジャケット写真

月光徹也 の“数え唄”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

数え唄

月光徹也

  • ⚫︎

    数え唄

    月光徹也

北海道を拠点とする月光徹也のシングル。

音源制作の全てを自己完結させ、コンテ、撮影、編集などMV制作においても自己完結させた本作品。

YouTubeで公開されているMVでは、イサム・ノグチ氏が設計したモエレ沼公園、ガラスのピラミッド"HIDAMARI"のシーンも印象的である。

アーティスト情報

"