映画「朝が来る」オリジナル・サウンドトラック

  1. True Mothers - Main Title Theme
  2. The Doubt
  3. After Diagnosis
  4. Satoko And Kiyokazu I
  5. Hikari I
  6. To The Forest
  7. First Time
  8. Hikari II
  9. Go On Board
  10. Our Home
  11. First Cry
  12. Satoko And Kiyokazu II
  13. True Mothers - Theme Variation
  14. Hikari III
  15. Island Song
  16. Asato’s Memory
  17. See The Light Of Day
  18. Please Don’t Ever Forget About Me
  19. True Mothers

河瀨直美監督作品、映画「朝が来る」の為に小瀬村晶が書き下ろしたオリジナル・サウンドトラックアルバムをリリースします。
本作は、直木賞作家・辻村深月による同名小説が原作、永作博美、井浦新、蒔田彩珠、浅田美代子らが出演し、第73回カンヌ国際映画祭公式作品【CANNES 2020】に選出されたヒューマンミステリー。
世界で高い評価を受け、カンヌ国際映画祭では欠かせない存在となった河瀨直美監督の待望の最新作は、直木賞・本屋大賞受賞のベストセラー作家・辻村深月によるヒューマンミステリーの映画化。実の子を持てなかった夫婦と、実の子を育てることができなかった14歳の少女を繋ぐ「特別養子縁組」によって、新たに芽生える家族の美しい絆と胸を揺さぶる葛藤を描いています。
血の繋がりか、魂の繋がりか──現代の日本社会が抱える問題を深く掘り下げ、家族とは何かに迫り、それでも最後に希望の光を届ける感動のヒューマンドラマ。
およそ一年に及ぶ制作期間を経て、映画とのコラボレーションのなかで生み出された印象的な楽曲の数々を収録した本作は、映画の完成後、サウンドトラックアルバムとしての視点から改めて映画の世界観と向き合うことで再構築され、新たに書き下ろされたタイトル曲を収録することで完成しました。

小瀬村晶

1985年6月6日東京生まれ。在学中の2007年にソロ・アルバム「It’s On Everything」を豪レーベルより発表後、自身のレーベル「Schole Records」を設立。以降、ソロアルバムをコンスタントに発表しながら、映画やテレビドラマ、ゲーム、舞台、CM音楽の分野で活躍。主なスコア作品に、河瀨直美監督による長編映画「朝が来る」(カンヌ国際映画祭公式作品【CANNES 2020】選出)、ハリウッドで制作された海外ドラマ「Love Is__」、石田スイ全面プロデュースによる Nintendo Switch 用ゲームソフト「ジャックジャンヌ」、TBS系テレビドラマ「中学聖日記」、コンテンポラリーバレエ公演「MANON」、ミラノ万博・日本館展示作品などがあり、米Amazon オリジナル映画「ジョナス・ブラザーズ 復活への旅」や、フランス映画「Mais vous êtes fous(Losing It)」、東宝映画「思い、思われ、ふり、ふられ」でも楽曲が使用されている。近年は、国際的なブランドとのコラボレーションが多く、LA MER BLUE HEART や、LAND ROVER、L'OCCITANE への楽曲提供、米アーティスト Devendra Banhart との共作や、アパレルブランド TAKAHIROMIYASHITATheSoloist. のピッティ・イマージネ・ウォモでのランウェイでの使用など、特定の枠に収まらない独自の活動を展開。また、Spotify が発表する「海外で最も再生された日本人アーティスト/楽曲 Top10」に2017年、2018年連続でランクインしたほか、米国メディア「Pitchfork」、豪州新聞紙「THE AGE」、フランス公共放送「FIP」、カナダ公共放送「Ici Musique」にてその才能を賞賛されるなど、国内外から注目される作曲家。

アーティストページへ

Schole Records, under exclusive license to Kino Films © 2020 Kino Music