Come Inside (feat. Yo-Sea) Front Cover

Come Inside (feat. Yo-Sea)

Track List

※ Preview may take some time.
※ Preview is not available for songs under copyright collective.

AK-69の別名義アーティスト「Kalassy Nikoff」の再始動第二弾楽曲。 DJ RYOW率いるSPACE DUST CLUBのトラックに、 現在音楽シーンで目覚ましい成長を遂げている注目のR&BシンガーYo-Seaを客演に迎えた大人の余裕漂うサマーチューンが完成。 Kalassy Nikoffのみならず、AK-69名義の楽曲を振り返っても過去に「夏」を感じさせる楽曲はなく、初めてのアプローチとなっている。

Latest Rank In

Come Inside

Apple Music • Hip-Hop/Rap Top Videos • Japan • TOP 169

Latest Playlist In

Come Inside

Apple Music • J-Hip-Hop Video Hits

Past Rank In

Come Inside

Apple Music • Hip-Hop/Rap Top Videos • Taiwan • TOP 15 • 28 Sep 2022 LINE MUSIC • ミュージックビデオ Top 100 リアルタイム • Japan • TOP 27 • 14 Nov 2022 Apple Music • Hip-Hop/Rap Top Videos • Brazil • TOP 51 • 19 Aug 2022 Apple Music • Hip-Hop/Rap Top Videos • Malaysia • TOP 101 • 4 Sep 2022 Apple Music • Hip-Hop/Rap Top Videos • Thailand • TOP 158 • 5 May 2023 Apple Music • Hip-Hop/Rap Top Videos • Philippines • TOP 197 • 6 Dec 2023

Artist Profile

  • Kalassy Nikoff

    Kalassy Nikoff (読み:カラシニコフ)は、2002年にHIP HOPアーティスト"AK-69"がラップと歌の二刀流で活動するにあたり、 ラップ =AK-69 / 歌=Kalassy Nikoff として切り分けた別名義である。 2004 年にアルバム「PAINT THE WORLD」、2006 年にはアルバム「REDSTA -Melodizm-」をリリース。 その後は、 Kalassy Nikoff 名義での作品は長らく発表されることは無かったが、 2016 年にファンクラブ限定(後に配信限定リリース)で “IWFWY” を発表。 現在では"シンガー名義"という括りではなく、“AK-69では出来ないこと”を基準に考えて動いてく活動を続けている。 ボクシング世界4階級チャンピオン 井岡一翔選手のタイトルマッチ入場時の生歌唱楽曲「Champion」のリリースを皮切りに、2022年は6作のシングルと2作のREMIX楽曲を発表。 また、1800テキーラの最高級ラインである「Cristalino」の日本上陸と共に、アジア人アーティスト初の公式アンバサダーに就任している。

    Artist page


    Kalassy Nikoffの他のリリース

Flying B Entertainment Inc.