Instabilityのジャケット写真

歌詞

明日に向かって撃て

marriage blue

目を閉じれば 聞こえはするけど

思い出せるか 笑わせ方の数々

あと少しの勇気と決意で

拭い取れるか 終わった夏の思いを

1秒経てば 終わる世界に

歯向かえないまま 俺は1人で居る

朝まで飲んで 気絶した後

1人になって 無駄に寂しくなる

もう元には戻れないね 深夜の僕は気付いてたけど

その奥にある大事なものに 気付けないままで立ち尽くしている

君と誰かが生きる明日に 僕は銃を撃ちたい

夏の風に吹かれた 君の顔が滲んでる

誰も知らない 虚しい世界で

愛想を減らして 誰かに笑われている

誰彼構わず かける電話も

やめにしようと 本気で思ってたんだ

人を殺す前の日の様な 死んだ表情は否めないが

愛情不足で育つ脳に 愛のジュースを流し込んでいたい

君を照らした夏の光が 僕の声を詰まらせる

その光源に焼き付けられた君を今も見る

見たい映画を諦める様な 気持ちをいつか飼い慣らして

僕が願う未来なら 僕は君と撃たれたい

  • 作曲

    白井

  • 作詞

    白井

Instabilityのジャケット写真

marriage blue の“明日に向かって撃て”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

Instability

marriage blue

アーティスト情報

"