さようなら、この街のジャケット写真

歌詞

似たもの同士

かず

君の考えてること だいたいわかるのさ

第六感がそう言うのさ

何も言わなくていいよ 次にやることは一緒でしょ?

少しの違うところが 羨ましくて すぐ欲しくなる

馬鹿みたいに笑い合って

このだらけたゆるい幸せが 続くといいな

思いぶつけ合っても

わかり合えない夜もあるの だから

似たもの同士 傍にいれないね

似たもの同士だから

君になりたくて なれそうでなれない

じれったい僕が情けない

そりゃそうだ違う人間だもの

勘違いで 早とちりで こんな簡単に

今でも思い出すのは

あの寒い夜 涙の二人

馬鹿みたいにいがみ合って

気付けばただ後ろをついて行くだけの人形で

わかってるつもりだった

ほんとの言葉確かめなくちゃ だから

似たもの同士 傍にいようよ

似たもの同士だから

手に入れてしまいたいもの それさえもわかってしまうの

絡まり合った糸 いつかほどけてしまうなら

今だけでもいい 少しだけでもいい

強く握りしめていようよ

馬鹿みたいに笑い合って

このだらけたゆるい幸せが 続くと思ってた

思いぶつけ合っても

わかり合えない夜もあるの だから

似たもの同士 傍にいたいよ

似たもの同士だから

  • 作曲

    かず

  • 作詞

    かず

さようなら、この街のジャケット写真

かず の“似たもの同士”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

アーティスト情報

"