ストロボエッヂのジャケット写真

歌詞

ストロボエッヂ

大城貴史

出逢った時にはもうすでに

他の誰かのものだなんて

こんなヒドい話あるの

どうしようもないじゃない

もう少し早く出逢ってれば

こんなシナリオじゃなかったのかな

きっと世界中で1番

あなたを想ってる

勝手に惚れたのは私だけど

何も手につかないのは

あなたのせいだよ

静かに燃えてる青い火が

実は1番熱いんだって

それってきっと私の事

あの子はただ赤いだけ

悲しいラブソングとか聞いちゃって

余計に切なくなってみる

きっと今頃には

あの子と一緒に笑ってる

誰にでも優しくするところ

あなたのそんなところが

今になってツライよ

もう少し早く出逢ってれば

こんなシナリオじゃなかったのかな

もしもこの気持ちを

あなたに伝えてみたなら

いつもみたいには戻れないの?

何もそこまでしないでもしもの話よ

きっと世界中で

1番あなたを想ってる

勝手に惚れたのは私だけど

何も手につかないのは

あなたのせいだよ

  • 作曲

    大城貴史

  • 作詞

    大城貴史

ストロボエッヂのジャケット写真

大城貴史 の“ストロボエッヂ”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • ⚫︎

    ストロボエッヂ

    大城貴史

沖縄出身 シンガーソングライター/作家シンガー 大城貴史(おおしろたかふみ)のオリジナルソング。
某少女コミックの実写映画を見て感動した大城が勝手に創った曲で、映画やコミックには何の関係もない。
本人曰く、自分の曲の中でいちばんキラキラした曲だという。2021.2.14バレンタインデーにリリースされた。

アーティスト情報

  • 大城貴史

    (おおしろたかふみ) 1992年2月3日生まれ。みずがめ座。B型。沖縄県西原町出身。3人兄弟の末っ子。 2011年 音楽活動開始。 2013年 4人組ヴォーカルグループ 「Sky’s The Limit」としてX FACTOR OKINAWA JAPAN優勝。 同グループで歌手になる夢を叶える。多数のオリオンビールCMソングを担当/出演、沖縄テレビ開局55周年記念特別ドラマ主題歌担当、初のワンマンライブにて沖縄最大のライブハウスミュージックタウン音市場を満員1100人動員など沖縄県を中心に活躍。 その後Sony Musicよりメジャーデビューを果たし、全国各地でツアーを成功させ、フルアルバムをリリース。 2018年 グループ解散と同時に地元沖縄へ帰郷。作家シンガーとしてソロプロジェクト「半径5メートル」を始動させ、ワンマンライブを立て続けに8回行う。 2019年 新たな挑戦としてフリーランスに転身し、より豊かな表現を求める。 ちなみにドラゴンボールと野球とラーメンがとても好き。

    アーティストページへ

23beans

"