Hydrangea (feat. HiLow)のジャケット写真

歌詞

Hydrangea (feat. HiLow)

ŁIBERTAS

水飛沫上げながら舞うボール

僕の頭上を太陽かすめ通る

水溜りに映るのは流れ雲

そこに笑う君はもういない

君はティンカーベル

僕はピーターパン

このままずっといれると思ってた

ちがえたボタン

シャツについた泥のシミは

落ちず 薄れず あの日 象る

僕らの心は青青とした

葉のまま

感情のまま

わがままに

あるがままに一緒に居た

たまにぶつかり合い

貶し合いでも気付いたら

笑い合い認め合い

いつからか入れない

Milk & syrup

デートの中身も変わったweekend

泥濘を避けるようになった2人

徐々に生まれる君との距離 be friended

同じ家でも見えない壁挟む

素直になれず苛立ち下唇噛む

要らぬプライド耐えず邪魔する

吸い殻ばかりが増える灰皿

Baccaratの良さはいつの間にか

分かるように

別れ際すら気を遣う仲に

歯で噛み砕くmint

見つからない hint

粉々になり in the shit

溶けて行く

水飛沫上げながら舞うボール

僕の頭上を太陽かすめ通る

水溜りに映るのは流れ雲

そこに笑う君はもういない

君はティンカーベル

僕はピーターパン

このままずっといれると思ってた

ちがえたボタン

シャツについた泥のシミは

落ちず 薄れず あの日 象る

忘れもしない

あれは2年前

枯葉落ちきった

秋の終わり

君に告げた「サヨナラ」

好きな人初めて泣かせた

最低な男

これは俺のわがまま

何もわかってなかったバカ

君が居なくなって気づいたんだ

遅いよな。sorry 俺の大切な人

好きな物買って

シェアしたり

意味ない事して

ふざけ合ったり

君とこのままなら

何も怖い物なんてなかった

今見てほら片付かないこの部屋

君が残していったもの

捨てる勇気がないんだ今

タバコに火をつけて佇む

目に染みる煙から流れ落ちる

I'm tired

どのくらいの時間が

経ったんだろう

君の世界にもう俺はいらないし

俺の隣にもう君はいないから

せめてどうか誰かの隣で

笑っててなんて事は言えない

矛盾だらけの俺

かっこ悪いしダセぇ

けど、この気持ちは

ずっとかわらないんだ

水飛沫上げながら舞うボール

僕の頭上を太陽かすめ通る

水溜りに映るのは流れ雲

そこに笑う君はもういない

君はティンカーベル

僕はピーターパン

このままずっといれると思ってた

ちがえたボタン

シャツについた泥のシミは

落ちず 薄れず あの日 象る

洗剤の香り記憶呼び起こす

君の好きな香り未だ部屋に残る

お互い別々の道を進む

差し込む日に君の幸せ願う

君はティンカーベル

僕はピーターパン

離れいても気持ち通う雨上がり

乾いた芝生がそよぎ僕を包み込む

晴れた日の紫陽花のほうが良い

水飛沫上げながら舞うボール

僕の頭上を太陽かすめ通る

水溜りに映るのは流れ雲

そこに笑う君はもういない

君はティンカーベル

僕はピーターパン

このままずっといれると思ってた

ちがえたーボタン

シャツについた泥のシミは

記憶だけ残しいつの間にか消えた

  • 作曲

    WICSTONE

  • 作詞

    TARA-, HiLow

Hydrangea (feat. HiLow)のジャケット写真

ŁIBERTAS の“Hydrangea (feat. HiLow)”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • ⚫︎

    Hydrangea (feat. HiLow)

    ŁIBERTAS

ŁIBERTAS「Hydrangea feat. HiLow」
Lyrics:TARA- a.k.a.ŁIBERTAS , HiLow
Music:WICSTONE
Produced by :TARA- a.k.a.ŁIBERTAS

アーティスト情報

  • ŁIBERTAS

    TARA- 京都市出身のアーティスト兼バレエダンサー 日本のラップミュージックとダンス業界の新たな融合を目指す。

    アーティストページへ

  • HiLow

ŁIBERTAS

"