Aliveのジャケット写真

歌詞

Alive

祐日

How can I make you understand that I have lived my life to the full

One day I want to be able to prove it to you

Today I continue to live on

「死ねるもんなら死んでみろ」

って君がそう言ったからそうしてみよう

これが何度目の正直だろう?

上手くいったらいいな

「死ねる勇気なんてないくせに」

って君がそう言ったから伝えたいんだよ

軽い気持ちで言ったんでしょう?

こっちは本気で生きてんだ

Alive a life alive a life

無免許運転ばかりだ

言葉にだってルールがあんじゃないのか?

目には見えない だからこそ

消せない いつまでも

Alive

痛くて 脆くて 情けなくて

君の完全犯罪に僕は溺れてく

弱くて 怖くて こんな夜でさえ

月は優しく笑ってる

Alive

カフェで一息過ごす時

携帯に映る電車の遅延の文字

仲間が先を急いでく Oh

彼女の代わりに私が今日を生き長らえたんだ

SNS に並ぶ「迷惑だ」

どっちにしても居場所はない

Alive a life alive a life

ふいに放った 君は忘れた

僕も消えて 全部消えて

何もなかったことになるんだね

痛くて 脆くて 情けなくて

君の完全犯罪に僕は溺れてく

弱くて 怖くて こんな夜でさえ

月は優しく笑ってる

本気で生きてた 嘘じゃないんだって

どうやって君に伝えればいい?

生きても死んでも狭いこの世界で

だから私は今日も生きてる

Alive a life alive a life

How can I make you understand that I have lived my life to the full

One day I want to be able to prove it to you

Today I continue to live on

  • 作曲

    祐日

  • 作詞

    祐日

Aliveのジャケット写真

祐日 の“Alive”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • ⚫︎

    Alive

    祐日

アーティスト情報

  • 祐日

    長野県松本市出身。11月14日生まれ。 10年近くの不登校、引きこもり経験を持つ生粋の「ひきこもり系ミュージシャン」祐日。 入院生活、大学中退など紆余曲折を経た後、ハタチを過ぎた頃、音楽の道にたどり着く。 彼女の描く歌は、自分と同じように社会にうまく馴染めない人の心にしっかりと寄り添う強い優しさに溢れている。 『選択肢は一つじゃないんだよ』 『本当につらい時は胸を張って逃げたらいいんだよ』 そんな真っ直ぐなメッセージが聴く人の心を打つ。 ラジオパーソナリティーで鍛えられたトーク力と寄り添う歌。 笑顔と涙が優しく会場を包み込み、最後に必ず小さな勇気と希望を手渡してくれる。 そんな彼女のLIVEは必見だ。 大学では国際協力を学び、貧しいと言われる国の人のエネルギーや目の輝きに衝撃を受け、モノやお金だけではない『豊かさ』を知る。 そんな経験もまた彼女の歌に大きな説得力を与えている。 代表曲『君へ』はFacebook先行配信で1万ダウンロードを記録。YouTubeでも128万再生を超え、今もまだ伸び続けている。 現在ではミュージカルやアーティストへの楽曲提供、ラジオパーソナリティー、講演活動など、ジャンルを問わず幅広く活動中。 ​*** 『あなたにヒカリを。あなたにチカラを。』 決して上っ面じゃない、彼女にしか歌えない祈りの歌が今日も誰かの心を癒す。

    アーティストページへ

yuuka Record

"