のジャケット写真

嘘つきと音楽のはじまりに

  1. 隧道上々 (2019 mix ver.)
  2. あまいからいすっぱいにがい (2019 mix ver.)
  3. トッ拍子号 (2019 mix ver.)
  4. 灰色の右 (2019 mix ver.)
  5. ぼんやりぼんぼん (2019 mix ver.)
  6. いとしのエレピアン (2019 mix ver.)
  7. すずらん通り商店街 (2019 mix ver.)
  8. 不二屋洋服店 (2019 mix ver.)
  9. 10センチ (2019 mix ver.)
  10. Time Time Rag (2019 mix ver.)
  11. 雪に添う靴の跡、あのつく嘘に消ゆ (2019 mix ver.)

かんかん照りやざんざん降り、ビュービューと木枯らし吹く日や、ソッソッと雪の降り積む日。日々は喜びであり、また日々は、絶望にも似たぬかるみでもあります。いろんな道、いろんな景色、いろんな天気、いろんな匂い、いろんなぬかるみ。そのいろんな空の中を、なんだかんだといいながら、私たちは今日も進みます。
“お茶の間グッドタイムミュージック”から、“ジャーニー凸凹グッドタイムミュージック”へ歩を進めた、加藤千晶とガッタントンリズム。今作はぜひみなさまにも電車に乗り込み、ガッタントンと揺れながらご一緒に口笛などしていただけたなら、そんなうれしいことはありません。

加藤千晶

シンガーソングライター。「加藤千晶とガッタントンリズム」としてライヴやアルバム制作を行う一方、作曲家、作詞家、編曲家としても子供番組やCM、映画やドラマに楽曲提供したり、時には歌い手として脱力した歌声を提供したりする。ルーツミュージックやノヴェルティソングにクラシックの匂いもまじるごちゃまぜスタイルが特徴。日本の日々の暮らしの機微や景色を、スウィンギーに凸凹に、スルドくゆるやかに歌う。

アーティストページへ

ガッタントンレコード