セレクション8 バー

  1. プリエ 64カウント✕2
  2. Slow Tendus 3/4拍子 64カウント✕2
  3. Battements Tendus 64✕2
  4. Battements Jetes 64✕2
  5. Battements Glisse 64✕2
  6. Rond de Jambe a terre 32+16✕2
  7. Battement Fondus 64×2
  8. Battement Frappes 64 ×2
  9. Adagio 64×2
  10. Petit Battements 64×2
  11. Rond de jambe en l'air 64×2
  12. Grand Battements 64×2
  13. Stretch 64×2

バレエレッスン(バー)のためにクラシック、バレエ、ポップミュージック等からアレンジして弾きました。特に12月から1月にかけての音楽を中心にアレンジしました。

江藤勝己

幼少よりピアノを広田しのぶ、竹腰臣氏に、指揮法を高階正光氏に、クラシックバレエを三樹和子、橋浦勇氏に師事。  振付家として、新演出の全幕バレエを全国各地のバレエ団、研究所等で行っているほか、(公社)日本バレエ協会公演で「マリー・アントワネット」「ピアノ・コンチェルト」等の作品を発表し好評を得る。  バレエピアニストとして、バレエ・シャンブルウエスト、(財)スターダン サーズバレエ団、香港バレエ団等で活躍。新国立劇場バレエ団結成時より、専属ピアニストとして、全公演のリハーサル・ピアノを担当。'03年バレエ・シャンブルウエスト『タチヤーナ』の選曲を行い、ロシア公演にて高く評価される。同バレエ団では、『LUNA』、『ブランカ』、『おやゆび姫』等の選 曲を行い好評を得ている。  '04年12月『眠れる森の美女』全曲版の演出、振付、指揮者としてデビュー。その後、『白鳥の湖』、『ジゼル』等の演出、振付、指揮を同時に行っている。  また、柏市と東京大学の共同プロジェクトによる、植物ドクターの資格を取得し、ダンサーによるダンサーのための野菜作りも行っている。  バレエ・シャンブルウエストの音楽監督として、同バレエ団の公演の指揮、新国立劇場バレエ団ピアニストとして全公演のリハーサルをつとめている。  ISCHIA MUSIC バレエレッスンCDの企画制作の他、後藤早知子ルミエール・フロアーレッスン・メソッドのCD、DVD、及びTDK『基礎からはじめる子供のためのバレエ入門』上下巻(DVD)の演奏も担当している。

アーティストページへ

イスキアミュージック