F'st DRIPのジャケット写真

歌詞

Odyssey

Disry

Under Pressure

超えステージに立つ

俺は違う,ジーニアス

でも,きっと プレミア

自分信じ ここまで来た

思えば夢を見ていた

そして幾つも叶えた

何も残すことなんか

無いほど胸を歌った

イカレる 程に 忘れる 程に

近づく 度に 遠く なるね

探さないでBaby

行く宛はない

理由なんて わかんない

ただ走っていたい

真っ黒い ハンドル握り

踏み抜くアクセル

ガラスに映る 悪相

走る,走る 孤独のOne Way

あの日よりSpeed Up

置き去ってく My Shadow

前方 後方 視界 良好

Go,Go,Go

ところでAnother Day

うなだれる あなたへ

歌があっても 疑ってる

笑えるぜ

苦しかった 叫びたかった

静かな街で 生きてる意味を

俺は 未だ 同じ道だが

今は Coast Clear

空を気にしない 先を見据えて

あの日思えば悩めること

それも幸せ

全て 掴むために

今も 進んでいるの だから

当て所ない夢 Realに追い出され

俺はこの体 風に吹かれ

どんなBad Day 立ちはだかろうとも

ただ先を 目指すだろう

(*Hook)

  • 作曲

    AXL Beats

  • 作詞

    Disry

F'st DRIPのジャケット写真

Disry の“Odyssey”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

Disryの持ち味とも言えるハードなラップスタイルは鳴りを潜めていたわけではない。ミニ・アルバムシリーズ 三部作の完結編である今作には、NY Drillシーンを牽引するAXL Beats他、NY Bangers、E.C Frescoなど海外プロデューサーを主に起用。四国/沖縄から世界にどこまで挑めるかをボースティングした一作。

アーティスト情報

  • Disry

    地元の四国=4THCOASTを提唱し、特徴あるハイトーン・ボイスをビートの感情に合わせ自在に吐き出すラップ・スタイルで人気を博す。 愛媛県出身、沖縄県在住のRapper。16歳で音楽活動を開始。順調に現場でのライブ経験を重ねていき、ULTIMATE MC BATTLE 2014,2017,2018年度の四国予選にて優勝を飾る。 活動を深める中で出会った同世代のラッパー・MuKuRo、唾奇らに誘われ、2017年にローカルHIPHOPの聖地、沖縄へ移住。 沖縄の音楽シーンへ根ざし、4作のEP・ミニアルバムを発表。2022年、その集大成としてワンマンライブ「VERSE DAY」を愛媛・沖縄にて開催。大盛況に終わる。 圧倒的な熱量で会場を巻き込むライブパフォーマンスが感動を呼び、全国からのオファーが絶えない状況である。 現行シーンを激しく東奔西走するRapper、Disry。今最も注目すべきラッパーのひとりだ。

    アーティストページへ


    Disryの他のリリース

AND BACK

"