Diaryのジャケット写真

歌詞

social morality

イマドン

ああ。また今日も駅のデッキで

あの人は何かしてるね

何を思いながらあんなことを

何を考えながらこんなことを

人からもらった道徳は

母からもらった思いやりは

残念ながら大人になるとともに

だんだん忘れ去られるものだと

それでも頑張って見てもらうまで

懸命に生きるのはだからなのかな。

ああ。また今日も駅のデッキで

珍しく見かけないね

きっと心折れてしまったかな

こんな世の中が嫌になったかな

人からもらった優しさは

父からもらった強さは

残念ながら大人になるとともに

だんだん分からなくなるのだと

そりゃ死にたくなったり

嫌気さすのも

無理はないのかもしれない。

突然やり切れなくなってさ

あんなやつこんなやつ

いろいろ羨んでさ

見てるだけでウザいあいつはさ

尚更殺したくもなるんだよな

結局それ以上に自分が無力過ぎて

死にたくもなるんだよな

幸せを考えてみよう

道徳をもう一度学んでみよう

小学校の時にやったあの物語を

引き出しの中から出してみよう

黒焦げになった心は

簡単に元には戻らないよ

それでも、それでも。

君は希望を与えてほしい。

与えてほしい。

みんな人間なんだから。

同じ生き物なんだから。

  • 作曲

    イマドン

  • 作詞

    イマドン

Diaryのジャケット写真

イマドン の“social morality”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

Diary

イマドン

シンガーソングライター「イマドン」のデモアルバム「Diary」です!自分の「日記」と題して発信したアルバムでは、イマドン自身の内向的な部分を歌った曲が数多くあります。その他にも、世に向けたメッセージ性のあるものや、ポップなものまで種類は様々です!あなたのリアルに寄り添えるような、そんな作品として皆様に届けば幸いです!

アーティスト情報

  • イマドン

    見てくれてありがとう。あなただけのヒーローになりに来ました。埼玉県川口市出身シンガーソングライター。自分は、小さい頃なかなか思うように自分の想いを相手に伝えることが苦手だったことから人付き合いに苦労したことがありました。その時に聴いていたポップス・ロックミュージックに感銘を受け、「自分も音楽で伝えたいことを表現出来るようになりたい!」と思ったことから曲を書き始めました。 あなたのリアルに寄り添える歌を届けたい。 音楽を通して、世界中の人と「気持ち」を共有したい。 というマインドを基に、音楽活動をしています。

    アーティストページへ

イマドン

"