Diaryのジャケット写真

歌詞

冬晴れの唄

イマドン

あなたがもし今、

傷付き悩み抱えてるなら、

僕をちょっとだけ思い出して

そしたら笑わせに行けるかな

あなたがもし今、

幸せ感じているのなら

出来るだけ一緒に分かち合いたい

それも含めて僕なんだ

一生叶わないかもしれないけど

もうちょっと心の中で祈ってるよ

こんな姿君は知らないだろうけど

僕はその一つにかけてみるよ

冬晴れって清々しいね

生きてるって感じがするの

春になったら僕も

ちょっとだけ大人になれるかな

僕がもし君を、

全力で笑わせに行ったとして、

僕の命は半分くらい

薄れていってる気もする

でもね、悲しまないで。

それはいつもその倍くらいに

笑顔にさせてもらってるから

どうってこともないんだよ。

あと少しで遠い存在になっちゃう

会えなくなっちゃうかも

しれないけど

その時はどうか、

僕のことは

忘れてください。

夏晴れも少し恋しいね

子供の頃に戻った気するの

その時だけ3歳児に

戻れたりしないかなあ

あなたがもし今、

傷付き悩み抱えてるなら、

どうか僕のこと思い出して

全力で笑わせに行くよ。

冬晴れって清々しいね

生きてるって感じがするの

春になったら僕も

ちょっとだけ大人になれるかな

人間って綺麗な部分も汚い部分も

どちらも持ち合わせてるの

だから醜さも精一杯に

受け止めて

生きていきたいと思うの。

生きていきたいと思うの。

生きていきたいと思うの。

  • 作曲

    イマドン

  • 作詞

    イマドン

Diaryのジャケット写真

イマドン の“冬晴れの唄”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

Diary

イマドン

シンガーソングライター「イマドン」のデモアルバム「Diary」です!自分の「日記」と題して発信したアルバムでは、イマドン自身の内向的な部分を歌った曲が数多くあります。その他にも、世に向けたメッセージ性のあるものや、ポップなものまで種類は様々です!あなたのリアルに寄り添えるような、そんな作品として皆様に届けば幸いです!

アーティスト情報

  • イマドン

    見てくれてありがとう。あなただけのヒーローになりに来ました。埼玉県川口市出身シンガーソングライター。自分は、小さい頃なかなか思うように自分の想いを相手に伝えることが苦手だったことから人付き合いに苦労したことがありました。その時に聴いていたポップス・ロックミュージックに感銘を受け、「自分も音楽で伝えたいことを表現出来るようになりたい!」と思ったことから曲を書き始めました。 あなたのリアルに寄り添える歌を届けたい。 音楽を通して、世界中の人と「気持ち」を共有したい。 というマインドを基に、音楽活動をしています。

    アーティストページへ

イマドン

"