トラックリスト

  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

XLARGE RECORDSからリリースするサードシングルは、Tokyo Young Visionを客演に迎えた「X RIOT」。

過去ランキング

X RIOT

Apple Music • ヒップホップ/ラップ トップソング • ラオス • 41位 • 2022年2月25日 iTunes Store • ヒップホップ/ラップ トップソング • 日本 • 57位 • 2022年1月18日

過去プレイリストイン

X RIOT

Apple Music • ヒップホップ ジャパン • 2021年12月31日 Spotify • +81 Connect:J-Hiphopの「今」と「その先」 • 2022年1月12日 Apple Music • HIP HOP DNA NOW • 2022年1月9日 Apple Music • 最新ソング:J-ヒップホップ • 2022年1月1日 Spotify • New Music Everyday - tuneTracks (curated by TuneCore Japan) • 2022年1月8日 Apple Music • 78 musi-curate TuneCore Japan zone • 2022年1月4日

アーティスト情報

  • XLARGE

    1991年11月、LAのヴァーモント・アヴェニューにXLARGE STOREがオープン。このショップから発信されるファッションとカルチャーが、ʼ90年代のLAしいてはアメリカ、さらにワールドワイドなストリートカルチャーをリードしていきました。ブランドをスタートさせたのは、イライ・ボナーツとアダム・シルバーマンという建設学校を卒業したばかりの若者でした。 90年代のLAは、ヒップホップやグラフィティが発祥とされるNYとは全く異なる形態で発展し、独自のスケートボードや音楽カルチャーがミックスし、新たなストリートカルチャーが生まれようとしていた時代でした。イライ、アダムの2人に、Beastie BoysのマイクDが加わり、「XLARGE STORE」は強力な個性を放つこととなりました。 「XLARGE STORE」は、当時としては画期的な商品構成で、ベン・デイヴィスやカーハートといったワークウェア、アディダスやプーマといったオールドスクールスニーカーなどを取り扱い、現在のセレクトショップの価値観を築きました。 そのショップのオリジナルブランドとしてスタートしたXLARGEは、「普段着ではなく、ファッションとして実用なウェアを表現する」というユニークな視点を提示し、MUSIC、ART、SKATEBOARDINGなどのカルチャーを融合することで、オリジナルのファッションスタイルを生み出しました。現在も、設立当時の力強さを失うことなく、ストリートウェアの革新者であり、パイオニアであり続けています。

    アーティストページへ


    XLARGEの他のリリース

XLARGE RECORDS