それでも私は行くのジャケット写真

歌詞

I want

prink

Tututu…

最近ちょっと 外が騒がしくて

全然コレじゃノレないのよ

好きなMusicで

ボリュームもあげちゃって

聞きたくない言葉はShutdownしよう

One two stepで

昨日の自分にSay good-bye

泣きそうなTonight

さぁさぁ Lolipop

流してよHeyDJ

Know-howだけじゃもう

繋げない

笑いたい 愛したい

I want で埋め尽くしたい

痺れたい 馬鹿したい

ドラマティックでいたいの

Yeah

Listen to the music

Listen to the music

感じるままに Oh yeah

Tututu…

アイラインだって

はみだしていっちゃって

誰かと同じはもう嫌なの

わからないフリして

それなりに御利口で

だからVividに魅せるのよ

One two punchじゃ

Heroになんてなれない

時代はLovely

さぁさぁ武器はポイ

箸でいったれ

Apple pie

正解だけじゃもう

1.2.3.4 いられない

聞かせたい 伝えたい

I want で生きていたい

解りたい 信じたい

強く優しくいたいの

笑いたい 愛したい

I want で埋め尽くしたい

痺れたい 馬鹿したい

ドラマティックでいたいの

Yeah

Listen to the music

Listen to the music

感じるままに Oh yeah

Tututu…

  • 作曲

    GA-HA-

  • 作詞

    GA-HA-

それでも私は行くのジャケット写真

prink の“I want”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

1st Mini Album「優しい世界」発売以降、配信リリースされた3曲に加え、新曲「OUR TIME」「それでも私は行く」も配信開始!

アーティスト情報

  • prink

    ”prink”=華々しく魅力的になるために、特別な装いを身にまとうことを意味する。 2019年12月25日、東京・上野で挑戦した初ワンマンライブは小さなライブハウスながら満員のファンと共に会場を沸かせた。 2020年、東京・六本木のライブハウスでの月一回の自主企画イベント「Step by Step」を軸に、さらに活動の枠を広げインストア・イベントも精力的に取り組んで行く予定がコロナ禍により総崩れ。全国各地で展開予定だったインストア・イベントは会場を関東近郊の<道の駅>などの商業施設の野外会場に変更し、ソーシャルディスタンスを保って精力的に実施。 また、自主企画イベントを「Step by Step Online♪」に名称変更し、無観客無料配信ライブとして2020年11月17日まで月2回開催。最終回は<有料>配信として開催し、200名を超えるファンに有料配信を視聴していただくまでに至った。 2021年、無観客無料配信ライブは「Keep on ****」というタイトルで継続。 最終回となる2021年12月28日には、渋谷club asiaにてワンマンライブ【Believe in our Future】を開催。 有観客+有料配信=総動員300名の目標に対し、有観客130名+有料配信220名=総動員350名を達成。 2022年。 ・無観客無料配信ライブ「Keep on+」(毎月第2木曜日) ・定期有観客ライブ「Keep on+“The Stage”(毎月第4木曜日) この2つの年間企画イベントを軸に精力的に活動。 最終回の2022年12月29日(木)には一年の集大成として<渋谷WWW>でのワンマンライブ Keep on+ Grand Final「Wish 4 Peace」を開催。 有観客250名+有料配信250名=500名を目標に掲げた結果、有観客218名に加え、有料配信はアーカイブ期間中に282名に達し、総動員500名を達成。 2023年。 メンバーSAKURAが体調改善のため2022年末で引退したことにより、YURIKO、MAI、AYAEの3名体制でスタート。 ・有観客主催ライブ「Daisy」(毎月第3木曜日) ・無観客無料配信ライブ「Daisy “online”」(毎月第1木曜日) 引き続き、有観客・無料配信の2つの年間主催企画と、週末に開催予定のフリーライブを軸に精力的に活動中。 ※Daisy(デイジー)とは日本名でヒナギク。花言葉は「平和」「希望」。

    アーティストページへ


    prinkの他のリリース

Get Back Entertainment Corp.

"