STANDのジャケット写真

歌詞

TONARI

15MUS

君の隣に行きたいな

でも困らせてしまうよな

痛みを知ってる僕らには

選ぶことはもう出来ないのだから

声は届いていますか

誰かの為に笑えていますか

いつしか思い出はまばらになって

人と夜風に紛れてしまった

助けを求めようとも

誰のもの?

って勘ぐっちゃって

進むしかない日常で

詰まるところ

つまらないと思ってたって

言えやしないし

また泣いた

君の隣に行きたいな

でも困らせてしまうよな

痛みを知ってる僕らには

選ぶことはもう出来ないのだから

何をしても

何処に居ても

君を思い出し

痛み伴い

相当に頑丈に

したつもりで強がってみても

これじゃダメ

成れの果て

眠れないどう足掻いても

こういうのっていつまでも

続いてくのかな

記憶はまた形を変えながら

そっと瞬いてどっか行った

胸にしまった

戻りはしないけども

寂しくなってまた歌うよ

君の隣に行きたいな

でも困らせてしまうよな

痛みを知ってる僕らには

選ぶことはもう出来ないのだから

君の隣に行きたいな

でも困らせてしまうよな

痛みを知ってる僕らには

選ぶことはもう出来ないのだから

  • 作曲

    15MUS

  • 作詞

    15MUS

STANDのジャケット写真

15MUS の“TONARI”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

STAND

15MUS

15MUS(フィフティーンマス)初となるフルアルバム「STAND」は、全て自身の住むアパートの一室にて制作された。
リード曲となっている「TONARI」は、今の世の中と自身の未練を混ぜ合わせたリリックを印象的なギターフレーズと共に歌い上げ、「STORY」は過去の出会いと別れを一本の映画のように綴っている。アルバム用に書き下ろした「君がもし君ならば」は、過去の自分 に対しての皮肉を織り交ぜながらもポジティブなメッセージを詰め込んだ応援歌だ。
他にも、この春卒業した学生たちへ送った「さよなら」や、初となるカバー曲の「ばらの 花」、ビート提供に chop the onion を迎えた「where」など、どこを切り取ってもメロディーと忘れられないフレーズの際立つ15MUSらしさ全開の作品となっている。
立ち尽くすという切ない意味の「STAND」。戦うというポジティブな意味の「STAND」。変わらず立ち続けるという意味の「STAND」。
様々な「STAND」をその耳で感じ取って欲しい。

アーティスト情報

  • 15MUS

    15MUS(フィフティーンマス)神奈川県横浜市出身。バンド活動を経てトラックメイカー兼MCに転身。 2018年Chilly Sourceに加入。メロウな楽曲を多く手がけ、切ないリリックとキャラの立った声がリスナーの心を掴んで離さない。近年はSARA-J、ASOBOiSM、pinoko、ケンチンミンなどの楽曲も手がけ、多くの公式プレイリストの常連にもなっている。

    アーティストページへ

Chilly Source

"