STANDのジャケット写真

歌詞

さよなら

15MUS

さよなら

またここから

もう忘れないで

もう忘れないよね

だから

いつでも

また会えるさ

泣きそうな時は

きっとすぐに

どこかで

また坂道転がるボール

追いかけた道また明日も通る

借りたもんはすぐ返せよって

まだあいつの本とか

ゲームとかあるから

春まだ口数少なく

夏飛び込んだプール笑い絶え間なく

秋駆け足繋いでくバトンに

冬年越しどこかへとお参り

同じような顔ぶれに同じ顔

きっとまた君同じことを言うでしょ

それでも尽きないくだらないこと

習い事他にまだしたいこと

それが全て

何を捨てて

なんてこと考えてもいなかった

初めて伝えた自分の気持ちは

近所のあの子へ儚く散った

泣いた

さよなら

またここから

もう忘れないで

もう忘れないよね

だから

いつでも

また会えるさ

泣きそうな時は

きっとすぐに

どこかで

全部此処で始まったこと

不器用に鳴り響くギターの音

なりたいものただ漠然と

次への準備日々みな着々と

見え隠れする将来と不安に

ぼんやり見えてた夢と期待に

弾ませたり

つまずいたり

誰にもわからんって蹴飛ばしたり

涙なんか見せないってそう思ってた

奴らが涙をただ流してた

それにつられ

泣きまくった俺

もいつかはどっか遠くへ行くのかな

ずっと続くと思っていた

永遠なんだと思ってしまった

またねって手を振る君たちと

したこと今も思い出すよ

なあ

叶えることに疲れたとしたら

振り返りなんとなし連絡してな

きっとお前の帰る場所になるから

俺帰る時は居てくれよな

頼むな

さよなら

またここから

もう忘れないで

もう忘れないよね

だから

いつでも

また会えるさ

泣きそうな時は

きっとすぐに

どこかで

さよなら

またここから

もう忘れないで

もう忘れないよね

だから

いつでも

また会えるさ

泣きそうな時は

きっとすぐに

どこかで

  • 作曲

    15MUS

  • 作詞

    15MUS

STANDのジャケット写真

15MUS の“さよなら”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

STAND

15MUS

15MUS(フィフティーンマス)初となるフルアルバム「STAND」は、全て自身の住むアパートの一室にて制作された。
リード曲となっている「TONARI」は、今の世の中と自身の未練を混ぜ合わせたリリックを印象的なギターフレーズと共に歌い上げ、「STORY」は過去の出会いと別れを一本の映画のように綴っている。アルバム用に書き下ろした「君がもし君ならば」は、過去の自分 に対しての皮肉を織り交ぜながらもポジティブなメッセージを詰め込んだ応援歌だ。
他にも、この春卒業した学生たちへ送った「さよなら」や、初となるカバー曲の「ばらの 花」、ビート提供に chop the onion を迎えた「where」など、どこを切り取ってもメロディーと忘れられないフレーズの際立つ15MUSらしさ全開の作品となっている。
立ち尽くすという切ない意味の「STAND」。戦うというポジティブな意味の「STAND」。変わらず立ち続けるという意味の「STAND」。
様々な「STAND」をその耳で感じ取って欲しい。

現在プレイリストイン

さよなら

Apple Music • イツマデモフレッシュ by Coming Freshers Apple Music • CUT Tokyo

アーティスト情報

  • 15MUS

    15MUS(フィフティーンマス)神奈川県横浜市出身。バンド活動を経てトラックメイカー兼MCに転身。 2018年Chilly Sourceに加入。メロウな楽曲を多く手がけ、切ないリリックとキャラの立った声がリスナーの心を掴んで離さない。近年はSARA-J、ASOBOiSM、pinoko、ケンチンミンなどの楽曲も手がけ、多くの公式プレイリストの常連にもなっている。

    アーティストページへ

Chilly Source

"