コノ世カラ綺麗ニ消エテシマイタイ

  1. - Prologue - Suicide Hill
  2. 過行ク日々ノ中デ
  3. コノ世カラ綺麗ニ消エテシマイタイ
  4. Disorder
  5. - Epilogue - Suicide Hill
  6. 過行ク日々ノ中デ (Instrumental)
  7. コノ世カラ綺麗ニ消エテシマイタイ (Instrumental)
  8. Disorder (Instrumental)

失意と絶望の狂宴
 壮大なブラスサウンド、絡み合う擦弦楽器、アグレッシブなバンドサウンド。其々が電子的かつ官能的な融合を体現したアルバムが此処に生まれた。

 ボーカロイドの初音ミクが歌う内容は所謂、異端や異形達の嘆きである。倫理観や思考指針、その見た目と挙動により社会に溶け込む事が出来ず、藻掻き苦しむ者達の想いを歌い上げるのだ。

"人はかくあるべし"という社会通念に苦悩し、"君は君らしくあれ"という人格の押し付けに自我は彷徨う。この世に生まれ堕ちてきた哀れな死人達に向けて、ボーカロイドの無慈悲な歌が這い寄る。

 社会不適合者達は得てしてマゾであり、サドである。いつ迄も癒される事のない想いを、苦痛と快楽で慰める為の音楽が此処に在る。

koro

この世に生まれた苦痛や絶望を音楽にします。 犯罪心理や、社会問題が題材になる事が多いでしょう。 歌詞の多くは日本語であり、VOCALOIDやバーチャル音源を使用しています。 しかし、それは何も問題が無いと思っています。 心無いVOCALOIDは、私の苦痛を代弁します。プログラミングされたオーケストラは、私の絶望を雄弁に語り掛けます。

アーティストページへ