ぷちプリマヴェーラのジャケット写真

歌詞

Dear -2019-

まめこ

重い夜を瞼に乗せた

月が微かに震えているわ

見上げている少女の瞳が

そっと雫を落とした

欠けた月を幾度迎えて

遥かな星を何度仰いで

ただ確かに 巡り行く大地が

また朝を届ける

まだ 風が冷たいことも

空が遠いことも

咲く前の花はきっと 知らないまま

輝く世界を信じてるから

何かが壊れてしまっても

この体はまだ 歌を覚えてる

昨日とは違う場所で

新しい灯がともる

聴こえてくる

誰かが口ずさんだメロディ

しあわせが育ってく 響きが

見渡しても灰色の地に

笑い合えた過去は見当たらず

涙が頬濡らしてくほどに

心が枯れていくんだ

これほど無力な僕の

ちっぽけな想いが

もし ほんの僅かでも

何かを変えていく力になるのならば

花の香りを 青い星を

愛しい笑顔を ぎゅっと抱きしめて

あたたかい風に触れる

空っぽの掌を重ね合わせ

ここから また歩き始める

守りたいものがある 世界で

いつか 小さな蕾が

白い翼を広げるように

怖くて 耳を塞いでいた

これまでの自分を 涙を超えて

輝き始める明日に

この歌が届くよう 願いながら

ここから また歩き始める

守りたいものがある 世界を

  • 作曲

    Stremanic

  • 作詞

    まめこ

ぷちプリマヴェーラのジャケット写真

まめこ の“Dear -2019-”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

まめこによる10枚目のアルバム。
廃盤となったCDから春らしい楽曲を集め、全曲新しく生まれ変わって収録。
さらに新曲を2曲を加えた、全13曲。
Sugar Bunny*の小さな春をお届けします!

アーティスト情報

  • まめこ

    同人シンガー・声優。可愛いポップスや電波ソングを中心に、幅広いジャンルの歌を歌う。

    アーティストページへ

"