アルブレイムのジャケット写真

歌詞

KILROY

irune

優しさを塗りたくった罪が

雨の街に消されていく

痛む場所を「痛い」と言うことさえ

許されはしないから

「立ち上がれはしないだろう」

聞こえる誰もいない夜でも

救いなどないさ それでも

そのドアを開けて行け

消えないアザを撫でてる日々を

もう終わりにして

例えばほんの少しの勇気を

握った両手に

優しい眼差しの彼が

風と時代に消されて逝く

小さな願いすら

ノイズのように無視して壊して

消えないアザを撫でてる日々を

もう終わりにして

あの頃笑えてた二人ならもう

ここにはいないから

消えないアザを撫でてる日々を

もう終わりにして

小さな勇気を使うべきはいつだって

「今」だって気付いた

見えない君の夢を見ることも

これで最後にしよう

どこにもない傷をかばってた

その手で救えるものがある

守れるものがある

守りたいものがある

弱音を吐けるなら 嘘をつけるなら

大丈夫 強く生きれるから

  • 作曲

    ヨシスエ コージ

  • 作詞

    ヨシスエ コージ

アルブレイムのジャケット写真

irune の“KILROY”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

irune : アルブレイム

アーティスト情報

  • irune

    irune 2019年8月3日に、前進バンドから「より多くの方に届いてほしい、世代を選ばず聞いてほしい」という理由からiruneに改名を発表。「そばに(いるね=irune)」「そばに(いる音=いるね=irune)」がバンド名の由来になっており、音で寄り添う、誰かに寄り添いたい時に必要だと思ってもらえる音楽を目指し、ラブソングを中心に歌う4人組ロックバンド。キャッチフレーズは「次一番泣けるバンド」.

    アーティストページへ

"