のジャケット写真

angel

  1. intro
  2. Snowboarding
  3. Rodeo
  4. mamasaidloveme
  5. HI-CHEW
  6. Jetlife (feat. Loota)
  7. トウジ負傷
  8. on my own way
  9. miss u

ハードとメロウを併せ持つ奔放な音楽性が、東京のユースを中心に熱狂的な支持を集める新鋭アーティスト、Tohji。

2018年末、主催するコレクティブ「Mall Boyz」としてepを発表。収録楽曲がストリーミングプラットフォームの公式プレイリストに多数ピックアップ。その後2019年にリリースしたシングル「Rodeo」はSoundCloud Japan All genre music chartで1位を獲得。同年3月には渋谷WWWで「Platina Ade」を主催。550人のオーディエンスを動員し、動員記録を更新し、6月にはULTRA KOREAへ出演するなどその勢いはとどまることをしらない。

本作は、いま同世代で最も注目を集める存在として、シーンを問わず次の動きが期待されているTohjiの1st Mixtape。トラックの製作陣にはKOHHやBAD HOPなどに楽曲提供を続けてきたMURVSAKIや、UKのトッププロデューサーとしてKanoやAJ Traceyなどを手がけてきたZeph Ellisなどが名を連ねている。客演にはKeith Ape との共作「It G Ma」や、Frank Ocean “blonde”の制作にも携わったことでも知られるLoota。

自らの感情や目の前の現実を荒くとも純粋に表現し、厳しい現実を生きる同世代に東京の外れから語りかけるTohjiは、従来の穢れのない天使(Angel)像とは異なる、精神的な疲弊や漂う閉塞感を切り開くリアルな希望の象徴としての『Angel』である。そのことがこのMixtapeから強い説得力とともに立ち上がってくる。

ジャンルに囚われない楽曲だけでなく、パフォーマンスや動きの面でも常に新しい景色を我々に見せてくれるTohji。日本中が期待する第二章が、このMixtapeから動き出す。

Tohji

ハードとメロウを併せ持つ奔放な音楽性で、東京のユースを中心に熱狂的な支持を集める。 2018年末、主催するコレクティブ「Mall Boyz」としてepを発表。収録楽曲がストリーミングプラットフォームの公式プレイリストに多数ピックアップされ、2019年にリリースしたシングル「Rodeo」は「SoundCloud Japan All genre music chart」で1位を獲得。同年3月には渋谷WWW にて主催イベント「Platina Ade」を実施し、550人のオーディエンスを集め動員記録を更新。6月にはULTRA KOREAへ出演するなど、その勢いは留まることなく、さらに大きなステージへと向かっている。

アーティストページへ