のジャケット写真

過去の自分との別れの歌。
昼間の様に明るく希望を持つ自分の心の反対には
夜の様な不安や絶望がある。
そんな心の夜空に見えるのはいくつもの星、
自分で選択出来る星が輝いている。
夜空の星のままにしておくのか、
行動起こし希望のタネにするのかは自分次第。
といった心情を描いた曲。

GOENDs

GO ENDに吸収される形で神奈川県全域から集められた5人 狂人は観る人を巻き込みいつの間にか背中を押している 曲・歌声・叫び・目・言葉 ... すべてから滲み出る狂気を生で触れて感じてほしい

アーティストページへ