インタステラのジャケット写真

歌詞

インタステラ

咲良ゆの

透明な笑いかたで

かなしみ消してしまうきみ

空っぽなだけのぼくと

真逆なこと知っていたけど

言おうかな 黙っとこ

メトロノームみたいに

揺れてる間に きみにもう

好きだと伝えてはいけない

世界になってた

月のない真っ暗な夜空

きみとぼくが同じ星座で

ひかる星だったなら

今この距離が一番綺麗だ

きらきらした仮説 ピンクの星座線

成り立つかはたしかめない 永遠に

つじつま合わせの愛しきインタステラ

大嫌いなことにはすぐに

気づいて避けるのになぜ

大好きなことに気づくの

遅らせて逃げだすのだろう

一度でいいから

同じ気持ちになりたい

奇跡と知らずに

小さな願いと思って

祈りも捧げず

見上げもしなかった夜空

きみとぼくが同じ星座で

ひかる星だったなら

今この距離が一番綺麗だ

何万年かかけて 少しずつ移動して

近づいたら壮大なラブストーリー

つじつま合わせの愛しきインタステラ

何度も何度も言えずに飲み込み

からだに溜まったコトバが破裂し

新しい宇宙が生まれて広がる

夜空に流れ星ひとつ

きみとぼくが同じ星座で

ひかる星だったなら

今この距離が一番綺麗だ

きらきらだった仮説 想像の星座線

まやかしを滅ぼすのは簡単

ありがと さよなら

いつかのインタステラ

  • 作曲

    Meis Clauson

  • 作詞

    ららい

インタステラのジャケット写真

咲良ゆの の“インタステラ”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

インタステラ

咲良ゆの

「ありがと さよなら いつかのインタステラ」

Ameliaのボーカル”咲良ゆの”が歌う5曲入りのEP。
5人の作曲家と共に、私が歌いたい見えないものをテーマに制作しました。

アーティスト情報

Amelia

"