I F ~僕らは何度も、君に恋する。~のジャケット写真

歌詞

まぼろし

エルセとさめのぽき

刹那、こぼれた

その台詞を今も追っている

あいつがよこした

チューイングガムの

味が抜けた午前10時、

「何しよっか」なんて話した

そんなことを思い出したんだ

あの頃とは違う日々を

今、生きている

幻が胸を締め付ける度、思う

潮騒はその言葉をさらう

あの夏、あの声、曖昧なまま

最近じゃあ街中で擬態してる

他人のような幸せに

繰り返す波のような罪悪感だ

茹だるような、まとわりつく、

あの記憶は

幻のようだ

愛や恋の説明も

当てはまらないなんて

不可思議な感情を

いつまでも抱えていた

人波の中そっと浮かんで消えた

陽炎のような面影が

心の臓で暴れているんだ

幻は 漣に切なく、消えてく

足跡を追いかけられたなら

僕は、今も

幻が胸を締め付ける度、思う

潮騒はその言葉をさらう

あの夏、あの声、曖昧でいい

刹那、こぼれた

その台詞を今も追っている

  • 作曲

    さめのぽき

  • 作詞

    さめのぽき

I F ~僕らは何度も、君に恋する。~のジャケット写真

エルセとさめのぽき の“まぼろし”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

過去ランキング

まぼろし

iTunes Store • J-Pop トップソング • オーストラリア • 1位 • 2020年9月1日 iTunes Store • J-Pop トップソング • 日本 • 106位 • 2020年8月31日

アーティスト情報

  • エルセとさめのぽき

    ProjectBLUEが満を持して世に放つ、 海の底からやってきた今までだれも見たこともない、 全くあたらしいバーチャル音楽ユニット。 ピアノロックにメロディアスな90年代J-Popの系譜を融合させ、グルーヴィなバンドサウンドから煌びやかなエレクトロまでを一曲にとじこめた、謎のキャラクター"さめのぽき"が届けるハイセンスな楽曲に、Vocalエルセが奏でる透き通るような歌声、素直でまっすぐな表現が、聴く人の心をつかんで離さない。

    アーティストページへ

ProjectBLUE

"