野の鳥

  1. 野の鳥

「この時代だからこそ、自由について考えました。
この時代だからこそ、愛に留まることを選びたいのです。
脆い私たちだからこそ、紛れもない真実の声に立ち続けたいのです。
"裸のまま、恥じらいもせず、満たされて"いられるところへ
帰る道に光を灯すことができればいいなと願います。
この作品に触れた人が、その後の顔色を変える
そんな心揺さぶられる4分間になりますように。

宮崎恵実

宮崎恵実 EMI MIYAZAKI 高知県出身 高知丸の内高等学校音楽科 卒 徳島文理大学短期大学部音楽科 卒 えみみゅーじっくぷろじぇくと代表 地元高知を中心に活動するシンガーソングライター。 幼少の頃からキリスト教音楽に親しみ、豊かな感性と確かな実力を身に付ける。 時に力強く、時に繊細に、呼吸のように、鼓動のように、、 ただ"歌う"だけでなく、楽曲の持つメッセージを聴く人の心に"届ける"表現力は多方面から高い評価を得ている。 また、音楽療法士、ゴスペルディレクターとしても精力的に活動。その他にもアーティストへの楽曲提供や冠婚葬祭式場での演奏、よさこい歌い手としての実績も持ち、既存の枠にとらわれず、県内外で音楽の持つ力を体現している。 Discography 2017年7月 1st single 「 アイ 」 2018年3月 2nd single「 Wedding song ~愛の帯~ 」 2019年2月 ベストアルバム「 恵みの果実 」 2020年1月 3rd single 「 野の鳥 」 【ジャンル】 gospel/R&B/soul/pops/classic

アーティストページへ

lomes-sicv