なんやと

  1. Bic
  2. 大阪
  3. ちゃぶ台返し (feat. 孫GONG)
  4. ナメとんか (feat. Lisky.S)
  5. 現場
  6. kansai kusshii (feat. JAGGLA, K-REXX, 孫GONG, Lisky.S & MCTYSON)

国内有数のストリート・カルチャー発信地、大阪。
そこでは20年以上の永きに渡り、タフな強者たちがマイクを奪い合うように夜な夜な鎬を削り続けてきた。そして現在、そんなスリリングな街の夜を彩るHiphopの薄めない「現場」シーンにおいて、最も「旬」を感じさせる存在が北摂(大阪北部)をRepするHiphop集団、TORNADOであることに異論を唱える者は少ないだろう。
彼ら=TORNADOはUSシーンの大所帯クルー、Screwed Up ClickやWu-tang Clanさながら、他の街に住むヘッズから見れば、一体何人いるのかさえ分からないような謎めいた魅力に充ちているのだが、そんな個性派揃いの異能集団にあって、饒舌なフロント・マンでもなく、トリックスターでもない、しかし間違いなく音源、Liveで、そしてある時は竜巻の中心のような静かな物腰で、「ただそこにいる」だけでクルーの欠かせない精神的支柱を成す重要人物として「裏番長」のような圧倒的な存在感を放つ者がいる。
それが高槻出身、1987年産まれのラッパー、Bicという漢だ。
彼のマイク稼業の始まりは2011年、キャリアのみを見れば決して長いとは言えないが、十代からDJ Screw、Lil' FlipといったSouth Hiphopの魅力を肌で感じ、物真似ではない独自のノリと解釈で吸収し、
同時に北摂という関西屈指の特殊な磁場=ごった煮のユニークなシーンを通じて長年培われてきた自らの美学、すなわち生き様としての「Hiphop」を誰よりもストレートに表現し、核心を突くリリックスの数々は、借り物のような小手先の技巧のみを長年磨いてきた類いのMCを軽く凌駕する説得力に溢れている。
TORNADOの一員としての活動のみならず、単独名義では初のEPをリリースし、ソロ・マイカーとして満を持して始動する2016年。
鍛え抜かれたヘヴィ級ボクサーのように、Bicのパンチ・ラインがあなたの耳を鋭く、重く、撃ち抜くはずだ。

Takeshi Urata

Bic

ストリート・カルチャー発信地、大阪ミナミを席巻する北摂RepのHiphop集団、TORNADOの中心人物、1987年産まれのラッパー、BICが2016年待望のソロ名義作リリース! 高槻に産まれ十代の頃からDJ Screw、Lil' FlipといったSouth Hiphopの魅力を肌で感じ、物真似ではない独自のノリと解釈で吸収し、生き様としての「Hiphop」を誰よりもストレートに表現し、核心を突くリリックス、パンチ・ラインの数々は、鍛え抜かれたヘヴィ級ボクサーのようにあなたの耳を鋭く、重く、撃ち抜くはずだ!

アーティストページへ

TORNADO RECORDS