愛と光でのジャケット写真

歌詞

愛と光で

松本曹史

僕らは愛と光で

輝きを持って生まれて

心無い事言われたりして

叫び喚いて愛に生きていく

無意識のうち

自分を塞ぎ込んで

そよ風のような

自分を造ってた

誰かが言った型に

自分をはめ込んで行って

気付いた時に

あの頃の自分が死んでく

価値が無いと言われた

それを呑み込んでしまった

だから無理に応えようとした

それは純粋に愛が欲しかった

誰も理解してくれない

って世界を作り出して

それ以外の世界観ること

から逃げていたんだね

誰かが言ったこと

に沿って生きて来たけれど

心の奥の囁きは

無視し続けてた

涙が溢れ出した

心が締め付けられた

だってこんなにも自分のこと

蔑ろにしてきたんだから

足りないところばかりが

気になって

傷付いて傷つけて

本当に大切にすべきもの

見えずにいたよ

いたよ

全てに意味があった

全てが教えてくれた

死んでしまいたいって思った

時だって今は愛と感じてる

僕らは愛と光で

輝きを持って生まれて

その光を照らし合いながら

愛し愛され

今を生きていく

  • 作曲

    松本曹史

  • 作詞

    松本曹史

愛と光でのジャケット写真

松本曹史 の“愛と光で”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • ⚫︎

    愛と光で

    松本曹史

アレンジ 佐藤剛寿
アートワーク Izumi Omori

"