ほうれんそうのジャケット写真

歌詞

当たり前

小田晃生

そうか そうだったんだ

君は 傷ついてたんだ

今まで わからなかった

君は 傷ついてたんだ

そうか そうだったんだ

君は 僕じゃないんだ

たったひとりぽっち同士

君は 僕じゃないんだ

簡単じゃないね

ごめん ありがとう おねがい

またいくつも 怠けてしまうよ

当たり前にしてしまうよ

そうか そうだったんだ

僕も 傷ついてたんだ

上手に 言葉に出来ない

けど 僕も 傷ついてたんだ

簡単じゃないね

ほうこく れんらく そうだん

また思わず 黙り込んでしまうよ

隠そうとしてしまうよ

小さな時から そこにあったもの

こうなんだ そうなんだって 言われてきたこと

何十年も掛けて 何重にも重ねて

こうなんだ そうなんだって 塗り固めたはずの 正解

本当にこうだったかな?

本当にそうだったかな?

今更 分からなくなった

でも やっと言葉になった

それは君の当たり前

これが僕の当たり前

君と僕が違うこと

それは当たり前のこと

簡単じゃないね

当たり前と当たり前

きっと何度も ぶつかってしまうよ

でも考えるよ 想像するよ

簡単じゃなくても

  • 作曲

    小田晃生

  • 作詞

    小田晃生

ほうれんそうのジャケット写真

小田晃生 の“当たり前”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

ほうれんそう

小田晃生

「簡単じゃないね ほうこく れんらく そうだん」
伝える難しさ。伝わる愛おしさ。
『自分』が囲ったひとつの世界と、その向こう側に思いを馳せる、色とりどりの10篇の歌。

全てのテイクを自宅作業部屋でレコーディング。ゲストミュージシャンは迎えず、数曲で家族がコーラスに参加しただけの、ミニマムな環境で制作された本作。馴染みのフォークギターを相棒にしつつ、様々な弦楽器、打楽器、オモチャやガラクタの音が絡み、創作料理のような独特なジャンルミックスが展開される。
『自己と他者』という、シンプルで普遍的なテーマを主軸に、ままならない哀しさ、可笑しさを描き出し、メッセージを込めた音楽自体が聴き流されることに、素直かつ切実に悩む表題曲「ほうれんそう」に向かって突き進む。
聴けば聴くほどに味わい深く、誰かと語り合いたくなる作品。

過去ランキング

当たり前

Apple Music • フォーク トップソング • 日本 • 29位 • 2021年1月7日 Apple Music • フォーク トップソング • 台湾 • 80位 • 2021年3月12日

アーティスト情報

  • 小田晃生

    音楽家。作詞作曲と歌、演奏楽器は主にギター、パーカッションなど。 2006年頃よりギター弾き語りを中心としたソロでの活動を始める。些細な物や出来事をモチーフにした、虫眼鏡な作品づくりが十八番。 また、作詞から発展した言葉遊び「オリジナル早口言葉」を様々な形で披露している。 ソロ以外には「COINN」「ノノホとコーセイ」「ロバート・バーロー」など、子どもたちへ向けた創作活動を行うグループにメンバーとして所属。 そのほか、ギターレッスン講師、映像作品の音楽制作や出演、ナレーションなども務める。

    アーティストページへ

TORCH

"