トラックリスト

  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理事業者等が管理する楽曲は試聴できません。

兼ねてより数々のMCバトルで頭角を表す一方、精力的なライブ活動、音源リリースを重ね、その実力が徐々に口コミで全国に広がり、遂に昨年12月には自身の楽曲「Let’s Get Eat」が、Billboard JAPAN「TiKToK Weekley Top 20」にて、総合1位を獲得。

 YouTubeでもそのMVが現在300万再生に迫るロングヒットを飛ばす中、総合エンタメ誌「日経エンタテインメント!」が選ぶ、芸能界『2022年の新主役100人』の一人に選出された。今や業界内外から大注目を浴びる存在となったT-STONEが、満を持して2022年一発目となる待望の新曲、「言U」(ユー)を配信リリース!!

 来るべき1stフルアルバムに向けての所信表明とも言える「言U」は、これまで支えてくれた仲間や地元徳島を背負い、どんな状況でも周りに振り回されず、暴力ではなく、言いたいことは口で「言う」、まさに言葉で表現するラッパーとしての真髄、そして自身のブレないスタンスを唄った渾身のメッセージソングとなっている。

また、そのスタンスを体現するべく、トラックプロデュースには、同郷の新進気鋭のプロデューサー・Anan Kaminakaを起用。印象的かつ中毒性のあるピアノループの上で、T-STONEの真骨頂である耳に残るパンチラインが炸裂する、力強いリリックとフローが重なり、まさにヒップホップアンサンブルと呼べる新たなクラシック(名曲)がここに誕生!!

過去ランキング

言U

iTunes Store • ヒップホップ/ラップ トップソング • 日本 • 67位 • 2022年1月31日

過去プレイリストイン

言U

Spotify • +81 Connect:J-Hiphopの「今」と「その先」 • 2022年1月28日 Apple Music • 最新ソング:J-ヒップホップ • 2022年1月28日 Apple Music • 78 musi-curate TuneCore Japan zone • 2022年2月8日 Apple Music • ニュー・ミュージック・デイリー • 2022年1月28日 Spotify • New Music Everyday - tuneTracks (curated by TuneCore Japan) • 2022年1月30日

アーティスト情報

  • T-STONE

    徳島県出身。中学時代にラップを始め、高校時代に本格的に活動を開始。その後、MCバトルコンテスト「UMB 2017~2019」徳島大会で3年連続優勝。人気番組「フリースタイルダンジョン」出演など、バトルMCとして頭角を表す一方、音源としては、2018年ミックステープ「PURPLE GARDEN」、2019年1st EP「APOSTROPHE」をリリース。それらの音源・MVが話題を呼び、瞬く間にオファーが殺到。 全国で精力的にライブ活動を続け人気知名度が増す中、2021年1月には、2nd EP「INDEPENDENT」をリリースし、全国ツアー&地元徳島で初のワンマンも大成功を収める。同年、更なる活動の幅を広めるべく上京し、様々なアーティスト楽曲に客演参加。それらの曲が次々と話題を呼ぶ中、自身の楽曲も再注目を浴び、1st EP収録「Let’s Get Eat」がTiKTokで大ブレイク、遂にビルボード「TikTok週間チャート」(2021/12/15付)で、全ジャンル総合1位を獲得。YouTubeで公開中のMVも375万再生(2022年5月現在)を記録。 更に「日経エンタテインメント!」が選ぶ、『2022年の新主役100人』の1人にも選出。そんな業界内外から大注目を浴びる中、最新曲「言U(ユー)」を1月リリース。瞬く間に各大手音楽配信サイトに続々とプレイリスト入りし話題となる。更にはプロダンスリーグ「D LEAGUE」のチーム「KDOKAWA DREAMS」のパフォーマンス楽曲に客演、朝日新聞の「#報道を歌え」企画への参加等、続々とコラボ楽曲を発表。そして今夏、待望の1stフルアルバムがリリースする、今最も注目の次世代ヒップホップアーティスト。

    アーティストページへ


    T-STONEの他のリリース

JCC TOKYO