es / Dramatic Ironyのジャケット写真

歌詞

Dramatic Irony

ヨルニトケル

咲いた覚えのない花 砂漠の夢

気が済むまで食べさせたい 最愛

汚されていく

頼んだ覚えのない評論 匿名の嘘

気が済むまで吐き出したい 曖昧

晒された首

清らかでなくとも

美しいよ あなたは

散り急ぐ花びらの結末

冷たい夜のこと

一人は怖くて

全部差し出した

離れていくことも

わかっていたから

どうか忘れさせて

愛 葬る into the 堕落

見つめた先は ain't end

絡まる「I」

浮いた話なんて知らない 酷い戯言

冷たい夜のこと

一人は怖くて

全部差し出した

離れていくことも

わかっていたけど

どうか名前を呼んで

I fall into the dark

見つめた先は永遠

Dramatic irony

顔の無い誰かが秘密を暴くの

清らかでなくとも

美しいよ あなたは

面影を失くしても狂い咲いたらいい

終わりが見えなくて

許せないのなら

一層このままで fall me into you

咲いた覚えのない花 砂漠の夢

  • 作曲

    布施 達暁

  • 作詞

    布施 達暁

es / Dramatic Ironyのジャケット写真

ヨルニトケル の“Dramatic Irony”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

アーティスト情報

  • ヨルニトケル

    青森県十和田市出身、Vo,Gt布施を中心とした同級生3人からなるロックバンド。 2011年より東京都に活動拠点を置き活動開始。 90年代邦楽と、リアルタイムで過ごした2010年代のギターロックの影響を強く受けたサウンドは「new 90's alternative J-pop」を自称。 どこか閉鎖的な故郷である雪国と、現在暮らす東京の二面性。 それに加えて、絶対的な悲哀を孕んだ布施の綴る歌詞、儚くも強い歌声が持ち味。 「終わらない夢の中から現実を謳う。この夜は僕らだけのもの。」

    アーティストページへ

MESCALIC

"