悪ノ紋章のジャケット写真

歌詞

悪ノ紋章

nanoCUNE

寄りかかっていた偶像 掴めないままだった

全速の滑走 無駄にした未来だ

消えてしまった感動 噛み締めて痛かった

信じたことは無情に散ったホログラム

教えてくれよ、積もったバグが支配してく過去

修正不可能なほどバラバラだ

パズルの様な日々を何度、確かめて

芽生えた狂気 嘘だけの世界、笑い

それが悪と思えなかった

崩れる論理、都合のいい この仮想

Vanilla色の夢みたいだ

実態を失った化け物みたいだった

多機能な細胞 進化みたいな退化

刻み込まれた紋章 正確に示した

その意思なぞって 成れの果てがここだ

消えてしまえよ、積もったバグが支配してる過去

答えはないのだと 蹴り上げた

パズルの様な日々を何度、組み立てて

芽生えた狂気 嘘だけの世界、笑い

それが悪と思えなかった

崩れる論理、都合のいい この仮想

Vanilla色の夢みたいだ

こんな世界が流す涙を 君はいつも拭い上げて

すべての憂、嘆きを超えて たどり着いたこのユートピア

敢えて騙されてしまうことが正しい、但し、悲しいかもな

何度目の輪廻の果て

一つの正義 嘘だけの世界がLie

それが悪と思えなかった

崩れる論理、都合のいい この仮想

Vanilla色の夢みたいだ

  • 作曲

    山下智輝

  • 作詞

    山下智輝

悪ノ紋章のジャケット写真

nanoCUNE の“悪ノ紋章”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

アーティスト情報

mad magazine records

"