悪ノ紋章のジャケット写真

歌詞

超空時限

nanoCUNE

有限の空から退路なく 残る 夢の 続き追いかけていた

酩酊の最中で なんとなくでしか 生きられない 愚弄も

まだまだまだ この時間に まだまだまだ 生かされている

こと知らないフリをして 永遠と消化不良

罪と知った能動 限りなどないと思っていた

知りたくなかった現実を 掴み取っていく

淡く散った群青 しがみついた 慣れが果て

ここが最後と知った瞬間に 満たされていく 偽るエタニティ

晴天の空から 降り注ぐ 光やがて闇に落ちてしまう

事象の彼方を待ち望む 形あるがゆえに消えてく

ただただただ この時限に ただただただ 囚われている

こと知らないフリをして 淡々と消化不良

罪と知った能動 限りなどないと思っていた

知りたくなかった現実を 掴み取っていく

淡く散った群青 しがみついた 慣れが果て

ここが最後と知った瞬間に 満たされていく 偽るエタニティ

なぜか一生ここにいたいと 嘆いてる惰性がHold me

その刹那を何度無駄にし 悟ってく

単純な思考は今も迂回し辿り着かない答え 彷徨い続ける

目を奪ったShadow 限りない日々願っていた

知りたくなかった現実を 掴み取っていく

淡く散った群青 Fake me out Fake me out ah

黄泉へ散ったShadow Fake me out Fake me out ah

  • 作曲

    山下智輝

  • 作詞

    山下智輝

悪ノ紋章のジャケット写真

nanoCUNE の“超空時限”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

アーティスト情報

mad magazine records

"