Solo Guitar

  1. Desperado
  2. Chega De Saudade
  3. Fireworks
  4. A Memory Of The Sepia
  5. Sunny
  6. Winter Song
  7. Afterwords

ボーダレスなJazz シーンを牽引する若手ギタリストのトップランナー井上銘が数年間続けてきたソロギターライブの集大成!牧歌的でリラックスした優しさと温もり溢れる演奏に心が解れる!
ジャズを基調にしつつも、ブルース、クラシックのエッセンスを各所に散りばめた極上のソロプレイは圧巻です。
デビュー以来、定期的に披露されてきたソロギターライブの臨場感を体現した、今後のシリーズ化を予感させる、井上銘ソロギターアルバム第一弾。収録曲には洋楽のヒット曲やスタンダードのカバーを含めた厳選の7曲。

May Inoue

1991年5月14日生まれ。神奈川県川崎市出身。 15才の頃にギターをはじめ、高校在学中にプロキャリアをスタート。2011年10月EMI Music Japanよりメジャーデビューアルバム「ファース ト・トレイン」を発表。2012年1月に同作で「NISSAN PRESENTS JAZZ JAPAN AWARD 2011」アルバム・オブ・ザ・イヤー(ニュースター部門)を受賞。2012年9月よりフルスカラシップ生として米バークリー音楽大学に留学。NYに滞在しライブ活動の後、2014年6月に帰国。2013年11月に Universal Musicより2ndアルバム「ウェイティング・フォー・サンライズ」を発売。2016年4月、渡辺香津美氏のギター生活45周年のアルバム「Guitar Is Beautiful KW45」に参加。同年4月、同年代の精鋭ミュージシャン達とのPOPSユニット”CRCK/LCKS(クラックラックス)”でデビューアルバム「CRCK/LCKS」をリリース。2016年6月にはブルーノート東京で世界最高峰のジャズギタリストKurt Rosenwinkelと共演。 2017年には自身の新しいユニット”STEREO CHAMP” (類家心平tp、渡辺翔keys, pf、山本連b、福森康ds) を結成。同年6月21日、ReBorn Woodよりメンバーと創り上 げ、自身最大の意欲作であるサードアルバム「STEREO CHAMP」を発売。 2018年4月にはSTEREO CHAMPとして初のブルーノート東京公演をソールドアウトさ せ、大成功を収めた。2018.11月には同メンバーに加えWONKのボーカリスト、Kento NAGATSUKAをフィーチャーした曲を含むアルバム「MONO LIGHT」と初のソロギター アルバム「Solo Guitar」を同時リリース。 2018年11月、ロンドン・ジャズ・フェスティバルではマイク・スターンのオープニング・アクトとして名門ジャズ・クラブ『Ronnie Scott's』に出演し、マイク・スターンから絶賛される。 2019年4月よりFMヨコハマにて初のラジオレギュラー番組「Midnight Jammin’」(毎 週金曜日24:30~25:00)がスタート。

アーティストページへ

リボーンウッド株式会社