ONE WAY TRAIN

  1. ONE WAY TRAIN

夢に向かって一生懸命頑張ってるみんなへ贈る歌
一生懸命毎日がんばって少しのチャンスを逃してそれでもまた頑張って挫折してをひたすら繰り返し
みんな自分の夢に向かって突き進んでいる
でも先が見えないまま自分を信じてやり続けている
そんなもどかしい気持ちを歌にしました

WILDSIDE BOYS

ワイルドサイド ボーイズです 2019年にワイルドサイド ボーイズとしては24年ぶりに活動を再開しました やってる音楽はですね いわゆるめんたいロックっていうやつ それが基本になります めんたいロックって言葉を聞いた事ない人もいると思うけど後からネットとかでちょっと調べとって下さいまぁ簡単に説明すると1970年後半から80年前半にかけて福岡の音楽シーンがすごく盛り上がった時期があって日本全国各地から福岡のバンドを観に来るくらい盛り上がってたらしいですよ。なんせ自分は当時小学生だからリアルタイムにめいたいロックを体験してないんですけど自分の中ではMods、ARB、ルースターズ、ロッカーズがめんたいロックの中心だと思ってます。そのめんたいロックに影響を受けてバンドでデビューしてガンガン活動していたのが横道坊主であったりストリートビーツ、GDフリッカーズ ザ、シャムのちのハンドレッズ、ROLLIE 後のコルツのちのマックショウ なんですけど、この辺が自分は中学高校生でもろに影響受けました。 WILDSIDE BOYSはこのようなバンドに影響を受けてそのスピリッツを受け継いだ音楽をやっています。 めんたいロック好きな人やロックンロール好きな人は ぜひシングル購入して聴いてみて下さい バイオグラフィー 1991年ボブ18歳の頃   ボーカルギターボブ ギター衛藤 ベース谷川 ドラム高杉 の4人でワイルドサイド ボーイズの前身バンドスカイジャックス結成。 ライブハウスアミーを拠点に月に1度liveを活動的に行う。ライブハウスアミーのイベント等にも参加 1992年デモテープ 10曲入りスカイジャックスを発売。 この頃からライブハウスハートビートに出演する。 同年スカイジャックス解散。 1993年 ボーカルギター谷口 ギターボブ ベース井上 ドラム高杉 の4人でワイルドサイド ボーイズ結成。 シングルデモテープ【ギャングバング】発売。 ライブハウスアミー ビブレホール ハートビート にて勢力的にライブ活動。 香蘭女子短期大学のイベント等に参加。 同年解散。 1994年 大学の先輩の紹介で当時高校生の岡部慎介がベースで加入 ボーカルギターボブ ギター衛藤 ベース岡部 ドラム高杉 の4人でワイルドサイド ボーイズ再開。 この頃から月に1度ライブハウスドラムに出演。 ライブハウスビブレホールにも月に1度出演していたがボブがマイクスタンドを蹴りたおしそれ以降出入り禁止となる。 FM福岡とシティー情報福岡ののオーディション企画で代表曲【無実】が入賞し公開ライブに出演する 10曲入りデモテープ汚れた顔の天使たちを発売 この頃から当時博多駅筑紫口側にあったドラムB1に出演する。デッドメンズカーブのイベントにも数回出演する。 1995年ギターの衛藤の脱退を機に スリーピースバンドワイルドガンズにバンド名を変え活動。実際ライブを行ったのは数回程度 その後解散。 21年の時を経て 2016年ボブがまたバンド活動を再開したくなりサンダーテックさんのバンド募集でサンハウスのコピーバンドにギターで加入。ベース不在のまま自然消滅。 2017年ボブがバンド酒呑童子にギターで加入 ライブハウスピースで3回程度出演したが脱退。 2017年ボブがスウィートミルキーズの前身バンドのダムドコピーバンドに加入。 2018年ボブがスウィートミルキーズのギターとして月一回ライブ活動を実施。 2019年4月精力的な活動を行ってきたスウィートミルキーズとボブのスケジュールが合わなくなり スイートミルキーズを脱退。 自分のペースでできるバンド活動を望む中 ここで奇跡的な出会いが起きる。 24年ぶりにボブと岡部がSNSの 共通の知り合いを通じてを再会する。 2019年5月居酒屋で5時間昔話を語り合い互いに再結成を誓う。 6月メンバーを募集しながら 2人でアコースティックリハを重ねる。 2019年10月ギターのミッドナイトランナー ドラムのジェットが加入 12月29日ライブバーアランでライブ開催 大盛況に終わる そのライブを最後にドラムのジェットが脱退 2020年2月 新ドラマーのショウちゃん加入 コロナウィルスの影響で活動自粛 2020年6月現在 活動再開準備中

アーティストページへ

WISI Records