rataのジャケット写真

歌詞

法律

No Name Lounge

明日は希望で

道は続くといったあの人は

路地裏の闇に呑まれて

絶望の回廊を歩くことになるって

昨日の僕は今日の僕に

何度も何度も何度も何度も

すぐそばでささやく

争いを好まない上流階級の貴婦人は

自らの美を保つために

今日も彼女の液体を猫脚のバスタブに溜めて

カメオ眺めながら

何度も何度も何度も何度も

身体を洗い流している

瓦礫になったあの街で

横たわる無辜の民を介抱している

ロングスカートのすすけた天使は

夜の闇に紛れて兵隊さんの寝床で

何度も何度も何度も何度も

理性を爆発させる

狩りを残虐とののしる海から来た綺麗な顔の踊り子は

生きるために新芽と緑に染まった生命を搾取するように

何度も何度も何度も何度も

子供たちに異常なまでの愛情で教え諭している

何度も何度も何度も何度も

何度も何度も何度も何度も

この世界は素晴らしい

愛と希望と罪と絶望に彩られている

さあ

  • 作曲

    Junpei Nagao

  • 作詞

    Junpei Nagao

rataのジャケット写真

No Name Lounge の“法律”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

rata

No Name Lounge

No Name Loungeの10年ぶりのオリジナルフルアルバム。
JunpeiNagaoの書き上げた1本の小説から成る物語が、フルアルバム・絵本・映像・衣装へと形を変えて世界を駆ける。

舞台は北欧神話の世界樹ユグドラシルに住んでいるといわれる鼠「ラタトスク」。
本作は、「ユグドラシル」を「人間の世界」になぞらえて、ラタトスクが世界を駆け回る中で
見てきた人間社会の善と悪、矛盾と真理を音に乗せて伝えるコンセプトアルバム。

各楽曲はユグドラシルの世界、そこに生きるものの考え方、理を表現する。

このフルアルバムは、No Name Loungeが人間社会の善悪・喜怒哀楽・矛盾と心理を神話の世界観に包んで伝える「暗く澱んだ生命賛歌」である。

アーティスト情報

  • No Name Lounge

    No Name Loungeの10年ぶりのオリジナルフルアルバム。 JunpeiNagaoの書き上げた1本の小説から成る物語が、フルアルバム・絵本・映像・衣装へと形を変えて世界を駆ける。 舞台は北欧神話の世界樹ユグドラシルに住んでいるといわれる鼠「ラタトスク」。 本作は、「ユグドラシル」を「人間の世界」になぞらえて、ラタトスクが世界を駆け回る中で見てきた人間社会の善と悪、矛盾と真理を音に乗せて伝えるコンセプトアルバム。 各楽曲はユグドラシルの世界、そこに生きるものの考え方、理を表現する。 このフルアルバムは、No Name Loungeが人間社会の善悪・喜怒哀楽・矛盾と心理を神話の世界観に包んで伝える「暗く澱んだ生命賛歌」である。

    アーティストページへ

NNL Records

"