Bless Mama

  1. Bless Mama
  2. Bless Mama (Instrumental)

"東海地区を代表するレゲエアーティストの1人と成長したNeo Heroが、等身大で歌うママチューン。苦労をかけて育ててくれた母親に感謝を綴る感動的な内容となっている。
2007年にプロデューサーG-Conkarahと制作し、今やJレゲエのクラシックとなった名曲「Letter~おかんに贈る音の手紙~」を歌うG2をフィーチャーし、より説得力のある仕上がりとなった。"

NEO HERO

Neo Hero 同郷の先輩アーティストに憧れ、17歳でサウンド・クルーGuiding Starにてそのキャリアをスタート。 メロディアスな歌ものから力強いディージェイスタイルまで唯一無二の幅広いスタイルですぐに注目を浴びた。 2007年愛知のレゲエフェスの出場権を賭けたコンテストに参加し2年連続優勝。 2009年より名古屋を代表するサウンド・クルーの一つBanty Foot と活動を共にする。 この年より様々なレーベルのコンピレーション・アルバムや客演として、リリースや配信が始まった。 2010年には京都で行われた東海地区・関西地区の若手No.1を決めるコンテストで優勝。多くのレゲエ・サウンドが全国各地の現場でNeo Heroの曲をプレイすると共に、累計5万枚にも及ぶMix CDにも収録され、たちまちアンダーグラウンドでその実力を認知される。 2011年に配信された『Life Is』が大ヒット。名古屋の人気ラジオ局Zip-FMでもヘビーローテーションされる。 北海道から沖縄まで全国各地で多くのLive活動を行い、その確かなスキルを全国で披露。 2012年、ファーストアルバム『Don`t think, feel』リリース、好セールスを記録。 翌年2013年、セカンドミニアルバム『Strike A Gong』リリース。より多くのレゲエファン、そしてレゲエファン以外からも注目を集めた。東海地区の数千人規模の野外フェス(愛知レゲエブリーズ・志摩レゲエ祭・ Fresh Air名古屋・Fresh Air三重・トレンチスプラッシュ)にすべて出演、更には大阪・舞州特設会場で 2万人を動員した日本最大のレゲエフェスHighest Mountainにも2年連続出演。 満を持して開催したワンマンライブ 『ワンマンヒーロー』も大盛況で幕を閉じた。 2015年、サードアルバム『The Real Avirity』リリース。 現場叩き上げのスキルと持って生まれた才能が融合した今、全国にNeo Hero信者が急増中、次の展開に注目が集まっている。 G2 19才のときに出会ったレゲエミュージックに衝撃を受けすぐさまMICを握り歌いだす。 地元東海岐阜を中心に活動を始め、数々の現場経験を積み確実なスキルを身に付けていく。 2006年大阪で行われた DJCLASHに参加。アウェイながら見事優勝しその名を広める。 2007年8月に1st ALBUMとなる”Letter~おかんに贈る音の手紙~”をリリース。インディーズながらスマッシュヒットし、一気に全国区の人気を得る。 2009年2ndAlbum”Challenge the X level”をリリース。同年東京で開催されたRUBADUBCLASHで見事優勝。 2010年、2011年と連続でROADTO横浜レゲエ祭に出場、両年とも決勝ラウンドまで残り健闘した。 同年12月に三重のサウンドARSENALJAPANのTopShottaOGとダッグを組み”平成アバンギャルド”をリリース。 フリースタイルを得意としオリジナルなそのステージングは関係者からも高い評価を得た。 ミディアムテンポ、ダンスホール、ダブステップに至るまでどんなRIDDIMにも乗っかれるそのスタイルはジャンルを問わず様々な人に影響を与えている。 2013年6月に3rdAlbumとなる”NeverEndingRoad”をリリース。 2014年岐阜にスタジオ・レーベルBONFIRE MUZIKを設立。 G-Conkarah 幼少期からの音楽好きが興じ、1993年主にレゲエ/ダンスホールをスピンするDJとして活動を始める。 1994年より地元名古屋のGuiding Star Crewに所属し、全国のイベントや数々のミックステープなどで活躍してきた。 その頃初めて訪れたレゲエの聖地ジャマイカでDubplate録りを体験し、本物のレゲエカルチャー、スタジオヴァイブスに衝撃を受ける。 1997年、カセットテープに特化したレーベル「Cassette Star Productions」を発足。 名古屋の路上でミックステープの販売を行っていたことにより、人々のニーズとウォンツをダイレクトに得て、制作にフィードバックさせることの重要性を認識した。 それらの経験を軸に2002年自主レーベルを発足し、数々のヒット曲を生み出し、ニューアーティストを発掘してきた。 最初はジャマイカの偉大なミュージシャンやエンジニアに仕事を依頼していたが、制作の過程で得た知識を元に、手探りながら自身で作業を行うスタイルに転換し、以降リズム制作やミックスなども独自に行っている。"

アーティストページへ

G-Governor Music