トラックリスト

  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

7th Digital Singleとなる今作は初の全編英詞に挑戦した一曲。当初2nd EP『13月1日』にも収録予定だったが、『流れの早い世界の音楽シーンに合わせてサウンドを再調整したい』という高瀬の気持ちからトラックアレンジを180°変更し、ロックテイストとR&Bを混ざり合わせた高瀬にとっても新ジャンルといえる楽曲になった。

現在プレイリストイン

I'll be right there

Spotify • New Music Everyday - tuneTracks (curated by TuneCore Japan) Spotify • Dance Pop: Japan Apple Music • ブレイキング:J-Pop Apple Music • GOOD SUMMER GOOD MUSIC

過去ランキング

I'll be right there

Apple Music • J-Pop トップソング • チェコ • 54位 • 2022年6月18日 iTunes Store • J-Pop トップソング • アメリカ • 75位 • 2022年6月23日 Apple Music • J-Pop トップソング • フィンランド • 89位 • 2022年6月17日 Apple Music • J-Pop トップソング • ロシア • 94位 • 2022年6月19日 Apple Music • J-Pop トップソング • スイス • 151位 • 2022年6月16日 Apple Music • J-Pop トップソング • ニュージーランド • 178位 • 2022年6月21日

過去プレイリストイン

I'll be right there

Apple Music • 最新ソング:J-Pop • 2022年6月17日

アーティスト情報

  • 高瀬統也

    1996年11月26日生まれ 愛知県出身 Electronic,R&B,POPS シンガーソングライター 洗練されていくセンセーショナルなミックスボイスと中毒性の高いキャッチーなフレーズが持ち味。 2020年9月にリリースした1st EP「Now the Won」が香港のエレクトロニックトップチャートで1位、iTunes Store (香港)総合トップアルバムでは9位を記録したことをキッカケに香港を中心としたアジア圏でファンが急増。 2021月6月9日に配信リリースしたミニアルバム「MEMO RANDUM」でも 香港のエレクトロニックトップチャートで1位、iTunes Store (香港)総合トップアルバムでは16位と 前作と合わせて二冠を達成。 中でも古くからの友人アーティストに楽曲提供し、自らセルフカバーをした「備忘録 Self Cover Ver.」は、ソーシャルメディア再生数2000万回を突破。 TikTokでは1日で150万回再生を記録し 日本の若者から大人まで幅広い層の恋愛観とリンクし注目を浴びた曲になった。 2022年1月31日に配信リリースをした 2nd EP「13月1日」では、香港を中心としたアジア圏のみならず、オーストリアなどのヨーロッパ圏でもアルバムトップチャート1位を記録した。 香港でアルバムトップチャートでは3作連続の1位になった。 今後もワールドワイドな活動が見逃せない逆輸入的アーティスト。

    アーティストページへ


    高瀬統也の他のリリース

TTT.inc