誰かが屠としたチュービーズー (feat. 塩で焼いて唄う)のジャケット写真

誰かが屠としたチュービーズー (feat. 塩で焼いて唄う)

キャラメルパンチ

トラックリスト

  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

キャラメルパンチYouTubeサブチャンネル「塩で焼いて唄う」の第2弾シングル!!
豚の鼻と耳が蓄える脂の重さをヘビーなビートとサウンドで表現。遊び心のある歌詞とメロディーとは裏腹にアーティスティックなコード感やアレンジにバンドマンとしてのプライドが詰め込まれている。
力強いボーカルとギター、昂りと共に激しくウネるベースがダークネスを超えて宇宙すら感じる程の壮大感を見事に生み出している。
因みにタイトルやサビで叫んでいるチュービーズーとは中国語で豚の鼻を意味し、チューアーは豚の耳である。
またギターソロのフレーズとサウンドはベタベタな脂をイメージしたものと石井ユウジは語る。
限りなくメッセージ性の低い楽曲だが爆音で聴くとその先に何かの意味がもしかしたら見出せるかもしれない。

アーティスト情報

  • キャラメルパンチ

    2007年、石井ユウジ(Vo.Gt)が日本一周ストリートライブを敢行中、松本駅前で日本全国放浪の旅中のタンクボール(Ba)と出逢い、2年後の2009年キャラメルパンチを結成。サポートドラマーとしてシュウゴ(YKJ)を迎える。  ズバ抜けた熱量のライブと熱くストレートなメッセージソングや熱くコミカルな楽曲の数々は、観るもの聴くもののハートを掴んで止まない。  現在に至るまで、井上良輔、堀内翔平と2回のドラムメンバーチェンジを行うが現在は初期のメンバーに戻り、唯一無二のキャラパンスタイルの追求に猪突猛進中。  一言で言うならば、体育会系正統派スリーピースロックバンド。 情熱の先へ、突き抜ける蒼を見に行こう!!

    アーティストページへ

Hooky Records