CHAMOMILEのジャケット写真

ギリギリまで早めた

上がった息を元に戻してく

近くの大きい公園では風が歌ってる

知らないと蹴飛ばした

靴が明日の天気示してる

機嫌良し一駅分歩いて

1本横に逸れた道に

小さいカフェ落ち葉並べ

それを季節風が攫って

「またね」

挨拶したみたいに手を振る振る

冷める前に色混ぜ合わせ

淡い色味に変わった空を

飛行機雲が分けて飛ばして

Bingle bangle

日暮れまで

Bingle bangle

回ってる

Bingle bangle

君と何度でも

Bingle bangle

日暮れまで

Bingle bangle

回ってる

Bingle bangle

君と何度でも

なんちゃって気取った重ね着で

さあ行っておニューの靴履いて

待ってって言われても

速度は落とさず

君の手を引くだけ

エンドロール流れ終わるまで

この世界は僕らだけのもの

Bingle bangle

日暮れまで

Bingle bangle

回ってる

Bingle bangle

君と何度でも

Bingle bangle

日暮れまで

Bingle bangle

回ってる

Bingle bangle

君と何度でも

  • 作曲

    焼き鳥

  • 作詞

    焼き鳥

CHAMOMILEのジャケット写真

弥生時代の末裔 の“春”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

アーティスト情報

弥生時代の末裔

"