Are You Worth It ?

  1. Agriculture
  2. We Must Live For The Earth (feat. Phillip Hunter)
  3. Meta Capitalism
  4. Freedom & Art & Soul
  5. Meta Individualism
  6. Natural Science ~La Beach~ (feat. Andy Suzuki & Hiroshi Sekita)
  7. Simple Life ~It's Waste Of Time~ (feat. Michael Landau, Jimmy Haslip, Phillip Hunter & Makoto Izumitani)
  8. Anthropology
  9. Summertime (feat. Michael Landau, Lenny Castro, Jimmy Haslip & Makoto Izumitani)
  10. No Border ~Piano Funk~ (feat. John DePatie & Hiroshi Sekita)
  11. Amazing Grace
  12. Population Control
  13. SDGs

2020年 世界中で「black lives matter」「Climate change」「Corona shock」など社会問題が大きくなっている。そんな最中、このアルバム「Are You Worth It ?」はリリースされた。 Toshi Maezawaは言う「我々はもっとシンプルなことに幸せを感じるべきだ」「我々はもっと生きる速度を遅くした方がよい」「我々はもっとやる事が他にある」「時間お金エネルギーの無駄は止めろ」「我々は意識を根本的に変えなければならない」と現代社会システムに警笛を鳴らす。なぜなら彼は化学工学の修士号を持っており、環境問題の仕事に就いていたからだ。技術より我々人間の心の問題であると気付く。資本主義が人の心を良くない方に変えている。

脱資本主義への導き「Simple life(It's waste of time)」開かれたナショナリズム「No Border」など意識変革のための世界人類に捧げる曲達を収録!2003年制作のヒット曲「We Must Live For The Earth」収録!「Amazing Grace」をジョージフロイドに捧げる!

このアルバムは「新しい生き方」へのヒントを提示している

R&B Neo Soul Jazz Blues Fusion Chillout Gospel Smooth Jazz

<豪華ミュージシャンが参加>
Michael Landau
Lenny Castro
Jimmy Haslip
Phillip hunter
Makoto Izumitani
Andy Suzuki
John DePatie
Hiroshi Sekita

<Special Thanks>
Alan Hertz Tracking Engineer at Hz Workz​

Toshi Maezawa

中学から環境問題に興味を持ち、解決や対策のため 理系大学院(化学工学)を経て就職し研究開発に従事するも「小手先の技術で環境は解決しない」と思い一念発起で脱サラして渡米し音楽家としてスタートを切る。2003年LA録音「We Must Live For The Earth」がJ-WAVE-MHMで高評価。 現在も海外ミュージシャンを中心にR&B、JAZZ、BLUES、NEO SOULなどラウンジやクラブなどで定期的に演奏しながら後進の育成にも力を入れている。NHK用やCMの楽曲提供やアーティストのプロデュースも行う。 また音楽だけでなく映像やWEBや科学探求などマルチな才能を活かしてクリエイトを続けコロナ禍をものともせず攻めの活動をしている。今までの経験を大いに活かしてこれから更なる社会貢献を目的に世界や宇宙規模での飛躍を目指している。特に今までの活動にはすべて先見性と実績が見事にリンクしてきているため、いつの時代にも活きる動向が極めて注目となる。

アーティストページへ

アットラボ