のジャケット写真

I Am Not Shinzo Abe

  1. Seaside Voice Guitar
  2. The First Train
  3. I Am Not Shinzo Abe
  4. Nobi Nobi
  5. Soprano Meditation
  6. Zouave's Blue
  7. Oh Yeah
  8. Act 2
  9. Nocturne
  10. New Christ
  11. I Am Not Shinzo Abe Children
  12. Seaside Voice Guitar AD

Xinlisupreme

Short Story "The Xinli Incident" by Andrew Weatherall 助手席に座った刑事は身分証明書を差出し、門衛に行き先を確 認する。「23階です。エレベーターを出て左に行けばすぐわかるはずです…全く酷い状態でして…』柵が開き車はI.D.Mインダストリーズの駐車場に向か う。 エレベーターは音もたてず23階に到着。左方向を向いた途端2人の刑事は彼らがなぜそこにいるのかという訳を察知した。犯行現場は、開いたドアよ り時折煙が立ったり蒸気が浮遊するあの部屋に違いない。エレガントではあるが保守的な黒いコートのポケットに手を伸ばしたこの2人はガスマスクを引っ張り 出し、装着して廊下を横切る。 そして部屋の入り口、つまり壊れた機械や泡立つ液体が散乱していない唯一の場所に立ち、中の様子を観察する。かつては極度に無菌状態だった環境 が、今では切り裂かれたワイヤー、叩き潰されたサンプラー、煙がくすぶるラップトップ、粉砕されたZIPディスクの山で埋め尽くされているのだ。このラボ では世界中の高校3年生用のエレクトロニック・ミュージックが製造されていたが、今ではデジタルの墓場と化している。 『76年のプログレ・ロックの破壊以来、だな…』刑事その1が言うその言葉は、ガスマスクのフィルターを通し妙にメタリックに響く。『科学捜査官 に任せよう』刑事その2が答える。2人は部屋から静かに立ち去り、彼らの背後のドアを閉めた。その部屋には彼ら以外誰もいなかったため、ドアの裏側に現れ たものを見逃してしまった。ペンキもまだ滴る文字…'XINLISUPREME'