模倣フィルムのジャケット写真

歌詞

Flash back

DRAMAticEND

朝焼けに光るグリーンフラッシュ

三秒以内にエスケープ

手を伸ばして

暗い部屋で独りきり

カラカラに渇いた喉

どれくらいの価値観で

次の朝を待っているんだ

今夜もリフレインするように

視界にリンクするのは誰かの希望

忘れてしまえば

掴めるだろうか

僕らが生まれた

不確かな現実

何を信じているのか?

問い掛けは意を持たない

切り取られた三角窓

誰の姿も映さないだろう

壊してしまえばいい

不確かな現実

さぁ 手を伸ばして

震えているだろ 孤独に怯えて

朝焼けに光る グリーンフラッシュを見逃すな

忘れることなど できなくても良い

確かな現実 手を伸ばし叫んで

  • 作曲

    桜樹 和哉

  • 作詞

    桜樹 和哉

模倣フィルムのジャケット写真

DRAMAticEND の“Flash back”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

繊細で独創的なサウンドにロック、ポップ等様々な世界観を融合するDRAMAticENDを音と映像で一挙に体感できる、処女作にして最高のファーストミニアルバム「模倣フィルム」が完成。
DRAMAticENDの作品とは隠し、
2020年11月より桜樹 和哉名義で4ヶ月連続配信リリースをしていた4曲に、
新たにレコーディングされた2曲を含む全6曲を収録。

アーティスト情報

  • DRAMAticEND

    ソロボーカリストとして活動していた桜樹 和哉を中心に結成。 2021年4月3日の情報解禁とともに、Ego denial (MV)を公開。 楽曲+MV+ドラマ、三つの観点で描く「ミュージックドラマビデオ(MDV)」を 一つのコンセプトとして掲げ、続く4月10日より3週に渡り、 Music Drama Video -the First-「それを誰も赤と気づかない」を公開。 繊細で独創的なサウンドにロック、ポップ等様々な世界観を融合する。

    アーティストページへ


    DRAMAticENDの他のリリース

©SKS Music

"