あじさいのジャケット写真

歌詞

あじさい

菅野翔太

降り続ける雨音響く

浅い眠りが覚める

夢の中では僕が泣いてた

「ごめんね」と繰り返し

目覚ましの音 朝のニュース

また今日が始まる

スケジュールをどれだけ埋めても

足りない 消えない

分かっているのに

僕はなにを失くし

なにを誇り

なにを積み重ねてきたんだろう

あなたとの思い出を辿るように

あじさいにそっとふれる

傘を持った人ごみの中

無意識に姿探す

いつも待たせた駅前のベンチ

いるわけないのに

分かっているのに

読みかけて閉じてた

物語の

ページをめくってみたんだ

あじさいの栞がひらり落ちて

思い出が溢れてしまう

会いたくて

声が聞きたくて

忘れたくない

忘れたかったのに

もうきっと

もう二度と

抱きしめちゃいけない

ずっとあなたを一人にしていた

今になって孤独がわかった

もう僕は

逃げ出したくない

限りある時間で 出会い別れ

またいつか巡り合う時には

雨の中誇らしく

今年も咲いた

あじさいのようになってたい

僕はなにを失くし

なにを誇り

なにを積み重ねてきたんだろう

あなたとの思い出を辿るように

あじさいにそっとふれる

あじさいにそっとふれる

  • 作曲

    菅野翔太

  • 作詞

    菅野翔太, 熊谷尚武

あじさいのジャケット写真

菅野翔太 の“あじさい”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

あじさい

菅野翔太

  • ⚫︎

    あじさい

    菅野翔太

アーティスト情報

  • 菅野翔太

    菅野翔太 (すがのしょうた) 光と影を、心のままに。まっすぐに。 優しくも熱く、芯のある唄と言葉。

    アーティストページへ

Yokosuka Records

"