トラックリスト

  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

インスピレーションの源は既存で無く気勢、ブレズ貫く$sign。

誰しも免れる事の出来ない死、そこを終着点とすることなく永遠に語り継がれる名を残したい。
そんな、何者かになりたいと日々抗う人々の心中を代弁しながら自らの名を呈してそれぞれの理想郷へと力強く牽引した1曲。
手持ちのリリックを基として制作されたトラックは、生バンドでのライブを見越した豪華で壮大な仕上がりとなっている。
イントロには自由をベースにダイレクトに自らを表現出来るスタンダップコメディのフレーズを取り入れ煌びやかな幕開けを演出、彼の武器であるマッシヴな声色とそのデリバリーは変わらぬ貫禄の中に居心地の良さを感じる。
最後の一秒までこだわり尽くされたアートは途中で止まる事を許さず、視聴後にもイヤーワームとして響き続けながら脳内に深く刻まれたインパクトは、まるで彼が目指す終幕を超越して語り継がれる$サインとリンクしているかのようだ。

過去プレイリストイン

Dollar $ign

Apple Music • イツマデモフレッシュ by Coming Freshers • 2020年11月5日 Apple Music • BLACK FILE • 2020年11月11日 Spotify • Monday Spin • 2020年11月9日 Spotify • New Era: J-Hip Hop • 2020年11月4日 Spotify • FNMNL • 2020年11月5日 Spotify • tuneTracks Weekly • 2020年11月7日 Spotify • J-Pop 新幹線 • 2020年11月6日 Spotify • New Music Wednesday • 2020年11月4日 Spotify • AVYSS • 2020年11月3日

アーティスト情報

  • $MOKE OG

    レゲエやロックシーンが盛んであった町田を拠点にする、22歳のラッパー、$MOKE OG。 町田の音楽シーンは年齢的にも高く、同世代のラッパーは地元に1人しかいなかった。彼の勧めもありラップを初めるも、最初のレコーディングは3テイクで追い出されるなど、散々な結果に終わった。その悔しさから地道な努力を積み重ね、現在の活動に至る。その時に参考にしていたアーティストはJinmenusagiだそう。 キャリア初期は、NoZuというステージネームで活動しており、第11回高校生ラップ選手権などにも出場していた。町田を拠点に活動をしているが、横須賀のYellow OGという同世代のクルーにも所属しており、2つの全く違う地を往復することで、自分自身の経験を豊かにしていった。 ラップをするために生まれたような天性の声と、どんな音楽すら自分のものにしてしまう吸収力が武器。レゲエやトラップなど、様々なジャンルに挑戦し、能力を最大限に活かせる場を模索したことで、Boom Bopを取り込んだ新たなスタイルの道を確立。2020年はぶちかますと意気込む裏には、確かな努力と経験が彼を支えている。

    アーティストページへ

NHOJYEKIPS