DEPARTURESのジャケット写真

歌詞

Dear my Only

GANGDEMIC

もしも時計の針が 君と僕だったとして、重なった瞬間に溶けるMagic

12時を過ぎたら「過去」に変わっていく それが愛なら悲しいよ

秒針が時間を刻む度、「愛してる」が回り続けるよ

戻ることのない時の中で君を探すの

ガラスの靴で

Tick tick tack tick tick tack

僕を誘え

Tick tick tack tick tick tack

君の隣へ

Tick tick tack tick tick tack

もう一度だけ

Tick tick tack tick tick tack

Where is? Where is?

Dear my only

物語にはいつも結末があるように、誰にだって そう 終わりが来る

かぼちゃの馬車が僕を乗せて向かうのがピリオドならすぐに降りるよ

サヨナラがこんなに切ないと 君に出逢うまで知らなかった

結末はきっとここじゃないと 今も信じてる

ガラスの靴で

Tick tick tack tick tick tack

僕を誘え

Tick tick tack tick tick tack

君の隣へ

Tick tick tack tick tick tack

もう一度だけ

Tick tick tack tick tick tack

Where is? Where is?

Dear my only

君の隣へ

Tick tick tack tick tick tack

もう一度だけ

Tick tick tack tick tick tack

Where is? Where is?

Dear my only

ガラスの靴で

Tick tick tack tick tick tack

僕を誘え

Tick tick tack tick tick tack

君の隣へ

Tick tick tack tick tick tack

もう一度だけ

Tick tick tack tick tick tack

Where is? Where is?

Dear my only

  • 作曲

    WATARU.

  • 作詞

    WATARU.

DEPARTURESのジャケット写真

GANGDEMIC の“Dear my Only”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

アーティスト情報

  • GANGDEMIC

    2021年5月19日結成。 一度 聴いたら、踊らずにはいられない、独自の音楽性「Party Dance ElectRock」を掲げるギャングガールズユニット。 フロアがぶち上がる超攻撃的なサウンドに、類まれないスタイルから繰り出される圧倒的なパフォーマンスは見るものを魅了する。 MTR、TOTALFAT、Another Story、FABLED NUMBERなど豪華なアーティストが楽曲を手掛けるなど、アイドルながらロックシーンでも名が知られる。 2023年11月には初の主催サーキットイベントが開催されるほか、2024年5月20には3rd.ワンマンライブが「川崎CLUB CITTA'」で開催される。

    アーティストページへ


    GANGDEMICの他のリリース

KABUKIMONO'DOGs

"