ブンブンベース (feat. Metis)

  1. ブンブンベース (feat. Metis)

HIPHOP界では「三河の狂犬」と全国に名を駆せた他には真似する事の出来ない唯一無二の多彩な才能を持つCRAY-G。
REGGAEシーンからメジャーデビューを果たし今ではクロスオーバーな独自の言葉とスタイルを築き上げたMetis。
独自のStyleを持つこの2人が手を組み新たなるセンセーションを巻き起こす!!!
音楽のrootを辿れば全く別々の道を歩んで来た2人だが、今ここで2人がジャンルの枠を超えて生み出したメッセージの根源はただ一つ。
本物だけが人々の心に音楽を残す事ができ、その言霊で魂を宿す事が出来る。
今や忘れがちな日本古来の伝統や精神を大切にしながら互いの音楽rootの統合を懐かしくも新しい物としてこの現代に響かせる。
音楽の道を志し、幾度となる紆余曲折を経た2人だからこそ説得力がある力強いメッセージは唯一無二であり聴く者の背中を押すであろう。

音の刀で世界を切りつけるBig tune.

CRAY-G

【三河が生んだ異端児】 CRAY-G (クレイ・ジー) 愛知県豊田市出身のHIP HOPシーンの次世代を代表するラッパーCRAY-G。 時に力強く、時に儚く歌い上げ、感情豊かなラップから歌唱までこなせるマルチな存在。 2001年にHIP HOPにのめり込み、マイクを握ってわずか半年足らずでkalt soundから発売されたDJ 4SIDEの伝説のCD 『Thugs 4 Life』にU,Kalassy Nikoff a.k.a AK-69とともに参加。 月日を重ね2008年に、GANXTA CUE自らが選びに選び抜いた全国各地の勢いあるラッパーを集めたコンピレーションアルバム『CARPET BOMBINGS』にCRAY-Gも選び抜かれ、話題を呼んだ曲『ラッパのマーチ』と供にCRAY-Gの名を全国に響かせた。 その勢いのまま2010年にHOOD SOUND RECORDSと契約をし、フルアルバム『HOWL TO SOUL』を発売。 変幻自在のスキルフルで多彩なパフォーマンスを武器にHIP HOPシーンに新たな時代の訪れを告げた。 CRAY-Gの才能に惚れ込んだ者は多く、HIP HOPシーンにて絶大な人気を誇るAK-69の超大作アルバム『THE RED MAGIC』に客演を果たし活躍の場を着実に広げた。2011年9月3日日本ガイシホールにてAK-69らとTHE RED MAGIC RELEASE TOUR FINALに出演を果たし、2014年にはセカンドアルバム『AGAIN』を発売。 CRAY-Gが主催するイベントSET IT OFF AGAINは今年で15周年を迎え、今も尚、激戦区名古屋で君臨するイベントとなっている。 2019.3.10 K-1 K'FESTA.2さいたまスーパーアリーナではあの『芦澤竜誠』の入場で生Liveで参加!

アーティストページへ

REDRUM~music production~