君と僕の影のジャケット写真

歌詞

君と僕の影

さっち

オレンジに染まる空

うつむく君の横顔

声にならないほどの

かすかな“サヨナラ”

こぼれ落ちた涙の

訳も聞けないまま

君と僕の影は今にも

消えてしまいそう

冷たい10月の風が

2人の間を吹き抜けた

出逢ったあの日と同じ

羊雲の空

いつもの帰り道

積み重ねた想い出とか

交わしてたあの約束とか

君への想いは

ちゃんと届いているはずだと

思ってた

突然立ち止まって

目も合わせないままで

どうして何も言わないの

つないでいた細く小さなその手を

君は静かに解いてしまった

会いたくて側にいたくて

仕方ないのに

どうしようもないほど

君のことを好きなのに

離れた手に残る

かすかな温もりと

この世界にただ一人

取り残されたみたいだ

僕は君のことを

どれだけ知っていたんだろう

分かっていたんだろう

ついに言葉になって

こぼれ落ちたそれは

君の中にある本当の想いなの

オレンジに染まる空

うつむく君の横顔

声にならないほどの

かすかな“サヨナラ”

こぼれ落ちた涙の

訳も聞けないまま

冷たい風と共に日は沈みゆく

抱きしめられるほど

こんなに傍にいるのに

その心にはもう二度と

届かないのかな

輝きだした星たちと

引き換えの様に

君と僕の影は今

消えてしまった

  • 作曲

    さっち

  • 作詞

    さっち

君と僕の影のジャケット写真

さっち の“君と僕の影”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • ⚫︎

    君と僕の影

    さっち

夕暮れの切なさと、失恋の切なさを重ねた感情を歌った楽曲。

アーティスト情報

littlesheave

"