Aliveのジャケット写真

Alive

-

DJ TORA & Nino Lucarelli

Alive

  1. Alive

ギリシャ神話に登場する12柱の神々・オリュンポス十二神をテーマに12週連続シングルリリースを発表した"DJ TORA"。第3弾は、ゼウスの娘で知恵・工芸・戦略を司る女神「アテーナー」をモチーフとしている。今作は、これまで数々のビッグプロデューサーとコラボをしたことのある“Nino Lucarelli”をボーカルに迎えた1曲。エモい“Nino Lucarelli”の歌声と洗練されたキャッチーな美メロが特徴的な極上プログレッシブ・ハウスに仕上がっている。

DJ TORA

東京・渋谷にあるナイトクラブ「ATOM TOKYO」のサウンドプロデューサー兼メインDJ。 日本のみならず、台湾・フィリピン・ハワイなど海外クラブパーティーに出演。 シンガポールの「Master card Theater、Spring Asia Mixx Festival」には毎年出演し、近年では「ULTRA JAPAN 2018」「ULTRA KOREA 2019」に出演。 楽曲制作では、2017年、海外のEDMユニットSWANKY TUNESとDAISHI DANCEとの共作「I won’t be alone」をリリース。 2018年、自身の代表作「Love Sunshine」をセルフ・カバーし日本全国のクラブでビッグアンセムとなった。 2019年、自身3作目のオリジナルアルバム「TOKYO RAVE」をリリース。 「MADFOX」「Steerner」など、ワールドワイドに活躍するプロデューサーもその作品に参加した。 日本のトップアーティスト「浜崎あゆみ」のバックダンサーを務めるメンバーと4DANCER+DJのパフォーマンス集団「PARTY ANIMAL」としても活躍。その活動は多岐に渡る。

アーティストページへ

Nino Lucarelli

アメリカ・アリゾナ州出身のシンガー、ソングライター、プロデューサー。2018年、2019年にBurak Yeter、DubVision、Raiden、KAAZE、Shaanらとコラボレーションを果たし、合計5000万再生を突破した。さらに、これらの楽曲はThe ChainsmokersやHardwell、Nicky Romeroらにサポートを受けた。2020年には様々なコラボレーション楽曲やオリジナル楽曲のリリースを控えており、これからの活躍に期待がかかる。

Veloz Records / under exclusive license to HANABI RECORDINGS.