Phantom Vibration Syndrome

  1. Phantom Vibration Syndrome

Phantom Vibration Syndromeとは、幻想振動症候群と言われ、鳴っていないはずの携帯電話やスマート・フォンが振動しているように感じてしまう現象のことである。
亡くなったはずの彼女からの電話、そして、今なお精神世界で繋がっていると思っている「僕」。
この曲の作曲は2020年初めから行われ、世界を包む不安な気配を感じながら、何かと繋がっていたい根源的な情動をテーマにした作品である。
拡張されたコードを用いながら、既成の音楽にとらわれない自由な音世界によって、現在を生きる人類の心の奥底にあるものを奏でている。
浅井芳治と河崎邦生が掛け合いでボーカルをとり、ニューラルネットワークを用いた歌声シンセサイザーのNeutorinoがスキャットで彩を添えている。
ジャケット画はロンドンの街角に今もある赤い電話ボックスの傍で演奏するNewsGatheringを描いている。
曲を聴きながら自分のスマートフォンが振動している気がしたら、あなたもPhantom Vibration Syndromeの仲間です。

過去ランクイン

Phantom Vibration Syndrome

iTunes Store • オルタナティブ トップソング • 日本 • 117位 • 2020年9月19日

NewsGathering

ニュースギャザリングの起源は、1980年代の金沢にまで遡る。ヨーロッパの香りがする音楽集団として、注目を集めるも、その後 30 年間休眠し、近年のネットワーク音響技術に触発されて東京で活動を再開。 幅広いバックグランドで世界のどこかであり得たかもしれない絵画的な音楽を探求し、既視感とシンギュラリティが囁かれる現在の空気感を両価的に表現する。

アーティストページへ

Planet Wave